So-net無料ブログ作成

銀魂 63 [銀魂 61-]


銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/03/04
  • メディア: コミック


#562:桂vs第4師団長・猩覚。
#563:桂は肉弾戦でも結構強い。
#564:最後は頭突きで桂が勝つ。
#565:坂本艦隊が同士討ちを始める。第3師団長・范堺(はんかい)がナノマシンで人も機械も操っていた。坂本とその腹心・陸奥は快臨丸内で敵本体を探す。
#566:坂本らは、洗脳された船員から逃げ回っていた喜々(のぶのぶ)と合流。3人は中央システム室に閉じこもるが、敵本体は喜々の体内にいた。
#567:陸奥も洗脳される。坂本は船のシステムを壊して共倒れを狙う。システムを修理しようと喜々から出てきた范堺を、坂本が撃つ。
#568:范堺は破壊され、洗脳を解かれた船団が、システムを失った快臨丸を支える。
#569:銀時vs第2師団長・馬董。10年前、攘夷戦争のときに会ったらしいが、銀時はすっかり忘れていた。
#570:10年前、両目を塞いだ馬董が心眼で見ていたのは、銀時の舎弟パクヤサ(表紙)(に重ねられた銀時の殺気)。銀時は殺気を操り、自分の幻影を馬董に見せる。
#571:幻影に翻弄され、馬董あえなく打ちのめされる。 一方、鬼兵隊残党が担いで逃げていた高杉は、砲撃を受けて崖下に落下。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0