So-net無料ブログ作成

ゲート 10 [ゲート]


ゲート 10―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

ゲート 10―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

  • 作者: 柳内 たくみ
  • 出版社/メーカー: アルファポリス
  • 発売日: 2016/12
  • メディア: コミック


#54:帝都は戒厳令中で粛清の嵐。皇太子ゾルザルは敵(自衛隊)に偽装した兵で領民を襲うことを計画し、皇女ピニャと対立。次兄ディアボは帝都から逃げ出す。
#55:ゾルザルは官僚や議会対策などで多忙。オプリーチニナ特別法(粛清の根拠となる法)も兎人テューレにまかせる。テューレは三偵の潜入料理人・古田の「店が国、食べに来る客が国民」という夢を聞き、心を動かされる。
#56:伊丹一行は高機動車でベルナーゴ神殿へ。祀られるハーディは冥府の神。降臨したハーディはレレイに憑依する。
#57:ハーディは伊丹に、辺境のクナップヌイに行って何が起きているか確かめて来いという。帝国の作った「門」は2つの世界をむりやり繋いだままにして、歪が起きている。炎龍を目覚めさせたのは門を破壊するため。 ハーディとの会見が終了し、レレイは褒美として聖術が一つ使えるようになる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0