So-net無料ブログ作成

まおゆう 18 (完) [まおゆう]


まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (18) (カドカワコミックス・エース)

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (18) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: 石田 あきら
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/08/23
  • メディア: コミック


#56:メイド姉は王弟に軍を引けと要求する。 一方、女騎士は大主教に苦戦。大主教は歴代魔王の霊『やみのころも』を纏っている。大主教の弱点は戦闘経験の少なさ。 メイド姉は火竜大公から託された『ひかりのたま』を王弟に贈ると言う。それは光の精霊が残した恩寵、『聖骸』である。メイド姉は「私の援軍は貴方だ」と王弟に言う。
#57:王弟は『ひかちのたま』を受け取り、軍に撤退を命令する。 一方、女騎士は勇者の剣で大主教を倒す。大主教から離れた歴代魔王の霊は、女魔法使いが取り込み、自らと共に封印する。 魔王と勇者は「碧の太陽」にたどり着き、光の精霊と面会する。2人は願いを聞かれ、「精霊の救済だ」と答える。すると不死鳥が現れる。
#58(最終話):不死鳥は魔界・人間界を飛び、精霊をたたえる声を集める。現れた初代勇者と共に光の精霊は消える。 後日談:女騎士と魔王と勇者は行方不明だったが、実は見知らぬ地上世界に飛ばされていた。(完)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0