So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲート 11 [ゲート]


ゲート 11―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

ゲート 11―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

  • 作者: 柳内 たくみ
  • 出版社/メーカー: アルファポリス
  • 発売日: 2017/04
  • メディア: コミック


#58:特地の政変は日本政府へも報告されていた。 帝都では、テュエリ夫妻が講和派・カーゼル侯と娘シェリーを”掃除夫”から逃がすために自宅に火を放って死亡。
#59:カーゼル侯とシェリーは帝都内を逃げていた。 侯爵らの逃亡を知った兎人テューレ(ゾルザルの腹心)は”掃除夫”に捜索させる。
#60:日本政府は空挺団を特地に派遣し、準備を進める。 一方、学都ロンデルの伊丹一行は、宿で襲撃を受ける。犯人は宿のボーイで、”笛吹男”と呼ばれる暗殺者に操られていた。騎士シャンディにボーイを監視させ、笛吹男の接触を待つ。
#61:次の夜、ボーイらは酒場でノッラと名乗る獣人に、「学会でレレイを襲う(フリをする)から、笛吹男が生死の確認に出てきたところを捕まえろ」と提案される。シャンディはノッラを追跡する。
#62:シェリーは日本の大使館になっている翡翠宮に逃げ込もうと考える。テューレ配下の獣人ボウロは、シェリーらを掃除夫に密告しようとした者を暗殺する。日本と帝国の衝突(そして帝国の崩壊)こそがテューレの狙い。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: