So-net無料ブログ作成
検索選択

狼と香辛料 15 [狼と香辛料]


狼と香辛料(15) (電撃コミックス)

狼と香辛料(15) (電撃コミックス)

  • 作者: 小梅 けいと
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/05/27
  • メディア: コミック


#87:雪の山道を北へ向かうミューリ傭兵団とロレンスら。スヴェルネルまでは、あと3,4日。ホロは今日明日にもレスコの街まで戻ってくる予定。レスコからの追手が迫ってくる。
#88:追手は3,4倍の人数のフーゴ傭兵団。ミューリ傭兵団とは旧知の仲。目付けのデバウ商人の手前、茶番の戦闘をしながら進む。デバウ商会は領主たちに乗っ取られている、とヒルデ(兎)は考える。そこにホロが帰ってくる。
#89:傭兵団同士が陣を敷いて、茶番の戦闘開始。
#90:ホロは禁書と、ある包みを運んできた。それは商会主デバウその人から託された物らしい。 (わざと起こした)雪崩で戦闘終了。
#91:打ち合わせ通り、戦闘中に互いに捕虜が発生していた。その夜、ルワード団長とロレンスは人質交換の交渉に行く。
#92:交渉中に目付けのデバウ商人をルワードが捕らえる、という手はずだったが、フーゴ傭兵団・レボネト団長が裏切る。金の力に屈したらしい。ロレンスは脚を刺される。そこに巨大狼のホロが乱入して、ロレンスとルワードらは退却する。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0