So-net無料ブログ作成

空母いぶき 5 [空母いぶき]


空母いぶき 5 (ビッグ コミックス) (ビッグコミックス)

空母いぶき 5 (ビッグ コミックス) (ビッグコミックス)

  • 作者: かわぐち かいじ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: コミック


#32:空母「広東」を発艦したのは15機。「いぶき」艦長・秋津は、プレッシャーをかけつつ2機目の早期警戒機の到着を待つ作戦だと見抜く。 そのころ宮古島東150kmには上陸部隊を乗せた海自輸送艦隊が、那覇では陸自空挺部隊が準備していた。
#33:上陸作戦には多良間沖の中国艦2隻が障害。DDG「ちょうかい」がこれを排除に向かう。
#34:@多良間沖。距離40kmで中国艦は対艦ミサイルを発射。「ちょうかい」は妨害電波・短SAM・CIWSでこれを撃破。距離30km。「ちょうかい」が砲撃を開始(対艦ミサイルだと撃沈してしまうため)。
#35:「ちょうかい」は中国艦の対艦・対空・魚雷・主砲を破壊する。 次は多良間島の対艦ミサイルを排除する作戦。「ちょうかい」が囮となりF35・2機で空爆する計画。
#36:29日。島の対艦ミサイルの配備は3ヶ所。まず前泊港の発射機を破壊する。
#37:空港の対艦ミサイルも破壊。第3目標・普天間港の対艦ミサイルの周りには約60人の中国兵がいた。破壊をためらっている間にF35・1機が被弾。
#38:残りのF35が対艦ミサイルを破壊。 多良間への上陸ホバー部隊、与那国への空挺部隊が発進する。
#39:多良間・普天間港に上陸した部隊が見たのは約60人の黒焦げの死体。 空挺団は闇夜の高度5000mからの降下で探知を避ける。空挺団は与那国・東崎監視所(灯台)を制圧するが、敵兵による通報を許してしまう。


スポンサーリンク


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。