So-net無料ブログ作成
検索選択

へうげもの 22 [へうげもの]


へうげもの(22) (モーニング KC)

へうげもの(22) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 芳裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: コミック


#231:(冬の陣の続き)1614年12月。真田丸攻めで徳川方は損害甚大。家康は攻め方を替え、大砲(カルバリン砲)と地下道の用意を進める。 交渉役を通じて大坂城内に持ち込まれた織部助の水差が大野兄弟に届く。
#232:カルバリン砲の砲撃が始まり、大坂方の和睦の気運が消える。大野治長は秀頼に和睦を勧めるが、不調。 徳川方・細川忠利を織部助が陣中見舞い。織部助は、九州勢の大坂到着が遅れる工作をするよう忠利に金を渡す。
#233:地下道を使った攻撃が始まる。大坂方の左門(織田有楽斎の嫡男)が負傷。大坂城本丸に砲弾が命中。 徳川方・浅野長晟(ながあきら)の客将だった上田宗箇は長晟とケンカして陣を出る。
#234:大坂城天守・茶々の部屋に砲弾が命中。茶々は強気だが、その動揺を見抜いた秀頼は和睦を決心する。
#235:外堀は徳川が、内堀は豊臣が埋める条件。しかし家康は内堀も徳川が埋めるよう指示を出す。
#236:大野治房(治長の弟で主戦派)はかぶき者を使って、徳川に味方した京の商店らに火をつけて回る。
#237:ひょうげ仲間の俵屋宗達、本阿弥光悦の京の店も焼失。 1615年1月。織部助は宗箇と正倉院の宝物を拝見。織部助は宗箇に、「(浅野の求めに応じて)那古野城の庭を面白く造れ」とさとす。
#238:堀埋めが終了し、徳川軍が大坂を退去する。堀埋めは、野戦がしたい真田や治房には望む所。 織部助は普請中の智仁親王(上皇の弟)別荘(京・下桂)の襖絵を、又兵衛(荒木村重の子)と宗達に任せる。
#239:織部助は、京・北野で舞台を演じるおくにに、かぶき者を褒めそやす演目を変えるよう忠告する。しかし、おくにはゴロツキの意地がある、と拒否する。
#240:2月。医者は家康に、余命1年だと告げる。家康は支配の徹底を急ぐ。民は愚鈍にすべき、創意は不要、との方針。 一方、宗達は渾身の墨絵の襖絵を完成させる。
#241:宗達の襖絵は大好評。公家・烏丸光廣から軸の依頼が入るほど。衝撃を受けた又兵衛は(次の戦があるだろう)大坂城へ向かおうとする。織部助は別れ際に、「お前の父(荒木村重)なら、己が欲に従い傑作を描くまで生き延びる道を選ぶ」と言い残す。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

へうげもの 21 [へうげもの]


へうげもの(21) (モーニング KC)

へうげもの(21) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 芳裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: コミック


#220:1614年7月。豊臣秀頼が寄進した鐘の文言「国家安康」が問題となる。文言を書いた清韓禅師は京で蟄居処分。古田織部助は清韓が自分の寺に入る寸前に、「まだ蟄居は始まっておらぬ」と屁理屈をつけて茶に誘う。清韓から家康が戦を決心していると聞いて、織部助は家康を見限る。
#221:8月。豊臣方折衝役・片桐且元は、秀頼か茶々を江戸に住まわすか、大坂を国替えするかいづれかを呑めと徳川方から要求される。 一方、織部助は京・粟田口に新しい窯を造成中。
#222:9月。主戦派の茶々や大野治長は要求を呑まないという。秀頼も戦を決心する。和平派の織田信雄(のぶかつ)と片桐は逆心の疑いありと、大坂城から追い出される。織部助はやむなく徳川方で出陣する決心をする。
#223:茶の弟子、金森重近は徳川につくのを拒否して出家、金森宗和と号す。織部助は金森に粟田口の窯をまかせる。
#224:10月。駿府を出た家康は尾張・那古野城に入る。出迎える織部助。家康は、恭順の態度を示さない織部助を戦の最中に暗殺しようと決心する。
#225:11月。家康は京に入る。親豊臣の近衛信尹(のぶただ)が病に臥す。織部助は信尹の書いた「大」の字を山の斜面のかがり火で再現しようと金森に命じる。
#226:大坂では真田好白(信繁)が出丸を造成中。 2代将軍秀忠や柳生宗矩(むねのり)が京の家康と合流。家康の命に背いて、秀忠は織部助と茶を飲む。 馬で移動中の織部助の前に面を付けた刺客(柳生)が現れる。
#227:刺客は剣の勝負を挑んでくる。応じた織部助は、なぜか一本足打法の姿。吹き出した刺客は、瞬間負けを自覚、しかし織部助は走り去る。 家康は大坂・茶臼山に本陣を置く。
#228:大坂攻めが本格的に開始される(冬の陣)。家康は織部助に諸将をねぎらいに廻れと命じる。織部助は佐竹義宣(よしのぶ)の陣で野点。いい感じの竹を物色中、柳生の命を受けた鉄砲に狙われる。
#229:玉は頭をかすめるが重傷には至らず。 東山のかがり火が炊かれる。時同じく、近衛信尹が死亡。「大」が間違って「犬」の字になっていた。 柳生から報告を受けた家康は暗殺を諦める。 織部助は茶杓を作って「玉すべり」と命名する。
#230:粟田口の窯で焼いた水差はどれもひび割れていた。織部助は自分の姿と重ねて、「最高傑作」と評する。大坂城の大野兄弟へ贈って、和睦に役立てようとする。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

へうげもの 20 [へうげもの]


へうげもの(20) (モーニング KC)

へうげもの(20) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 芳裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/06/23
  • メディア: コミック


#209:1612年8月。駿府にて、幕府御茶頭・古田織部助は家康に茶を立てる。大久保長安から託された毒は盛らず。家康は疑い深くなっていた。一方2代将軍秀忠は数寄に目覚め始めていた。
#210:9月。上田宗箇は薩摩・島津家に豊臣支援を取り付ける。 12月。江戸にて織部助は堺の商人・谷宗卓から、墨跡(高僧の筆跡)「流れ園悟」を伊達に譲りたくないと相談を受ける。
#211:江戸へ伊達政宗が参勤してくる。織部助は、半分で我慢するよう政宗を説得し、墨跡を2つに切り分ける。ついでに谷に渡す半分の下余白を切り取る。 一方家康は尾張・那古野城の普請を急いでいた。対豊臣の重要な拠点。 池田輝政が死亡。
#212:1613年2月。宗箇に織部助から花入「生爪」が贈られる。 織部助は旅の道中で入った茶屋を、「流れ園悟」の切れ端(余白)で作った掛け軸で”乙”な茶席にしてみせる。 大久保長安は豊臣秀頼を使って倒幕しようと動き出す。
#213:4月。長安が政宗の部下に暗殺される。倒幕の密約が漏れるのを防ぐため。
#214:5月。長安の隠していた金塊や文書が幕府に暴かれ、縁者が捕縛され、死罪となる。家康は身内さえも信用できなくなっていた。
#215:8月。紀伊・九度山で織部助、真田信繁(好白)、片桐且元(かつもと、秀頼の忠臣)が茶会。信繁を豊臣方に引き入れる。信繁は伊賀の花入をもらう。 紀伊藩主・浅野幸長(よしなが)が死亡。新当主・長晟(ながあきら)は幕府寄りの考え。
#216:12月。家康は伴天連追放令を出す。 左門(織田有楽斎の嫡男)は高山右近を大坂に招こうとするが、右近はすでに国外追放を覚悟していた。そして実際に追放令が出る。
#217:1614年1月。幕府の重臣・大久保忠隣(ただちか)が改易。長安と通じていたとの嫌疑。秀忠は忠隣をかばおうとするが、家康は聞く耳を持たない。
#218:3月。大坂湊に右近(妻は織部助の妹)とその家族が追放前の逗留。そこへ織部助が尋ねてくる。南方の茶室をめぐってバカ話し。右近は未練が残ると、土産の茶杓を織部助に返す。有楽斎は行ったり来たりした茶杓に「蹴鞠=玉ぶりぶり」と名づける。
#219:5月。前田利長死亡。 6月。大野治長(秀頼の忠臣)は家康に向かって「野暮」と言い放つ。 前田離反の心配がなくなった家康は、年内に大坂を攻めることを決心する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゲート 9 [ゲート]


ゲート 9―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

ゲート 9―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

  • 作者: 柳内 たくみ
  • 出版社/メーカー: アルファポリス
  • 発売日: 2016/06
  • メディア: コミック


#50:(迷宮のつづき)伊丹とヤオはミノタウロスを倒す。ロゥリィはまる飲みされていたので、ミノタウロスの腹から無事出てくる。病原と思われる遺体?を発見し、焼却。治療薬の原料「ロクデ梨」を発見し、レレイら病人は完治する。
#51:レレイは自動車の運転がお気に入り。一行は学都ロンデルに到着。宿は書海亭。ロゥリィ聖下一行ということで歓待される。研究街区は壁で隔離されていた。いろいろ危ない研究をしているため。レレイの師カトーの師姉弟ミモザを尋ねる。ミモザの弟子アルペジオはレレイの義姉。
#52:ミモザはロゥリィからの宿題に答える。「この世界に多くの種族がいる原因は、アルヌスの門」。 伊丹が軍の士官で貴族(エルベ藩王国の卿)であり、レレイといい関係と知ったアルペジオは、レレイと姉妹ケンカを始める。
#53:野次馬あふれる通りで、攻撃魔法が飛び交う激しいケンカ。と、その最中に誰かが殺される。殺したのは薔薇騎士団教官の騎士補グレイ。殺されたのはレレイに対する刺客。ケンカはうやむや。グレイと騎士シャンディはレレイを帝都に招くために派遣されて来た。刺客の黒幕はレレイの名声を危険視する皇太子ゾルザルらしい。グレイらも含め一行は、一旦ロンデルを離れる(夜逃げ)。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

監獄学園 21 [監獄学園]


監獄学園(21) (ヤンマガKCスペシャル)

監獄学園(21) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 平本 アキラ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/06/06
  • メディア: コミック


#199:(体育祭つづき)キヨシは花にパンツを戻そうと言うが、花は拒否。 一方、理事長は拉致されたハニーを救出して森へ戻る。
#200:拉致犯のボス(実はハニーのフィアンセ)は銃を持ち出し、山狩りを開始。理事長は警官も消防団も敵の組織と思い込む。
#201:案の定、山狩りで狙っていたのは、熊。しかし、理事長は敵のボス(有力者さん)に戦いを挑む。
#202:体育祭は騎馬戦開始直前。裏生徒会(+男子)の味方は千代・杏子らの一騎のみ。副会長には炭酸飲料水ボトルを背負わせる。
#203:騎馬戦開始。副会長がお腹いっぱいで炭酸を飲めなくなる。
#204:しかも副会長が復活したのは外見だけで、中身は幼児化したままと判明する。
#205:会長の指示でボッキしたキヨシに、敵である女子生徒は騒然となり、引いていく。
#206:ボッキを維持するために、キヨシは会長らにエロいことを言わせる。
#207:順調だったが、ビッチ女子の騎馬がキヨシに立ち向かってくる。花はキヨシの短パンを脱がせようとする。
#208:短パンを脱がされたキヨシ。女性用パンツ(花と交換したやつ)からナニが飛び出してしまう。キヨシの時間が静止する。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

監獄学園 20 [監獄学園]


監獄学園(20) (ヤンマガKCスペシャル)

監獄学園(20) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 平本 アキラ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/03/04
  • メディア: コミック


#189:(花は障害物競走中)キヨシ(着替えの補助員)と花は、ダンボール戦車(キャタピラ)の中でパンツを交換しようとする。
#190:花は着ぐるみで手が使えないので、キヨシが花のパンツを交換する(交換したとダマす)。花の調子が上がってリサと並ぶ。が、花はノーパンだと気づく。
#191:リサと花は同着1位となり、決着は騎馬戦へ。 花とキヨシは自分のパンツに違和感を感じ、結局また交換する。
#192:幼児退行していた副会長が、ジュース(ルートビア)で一瞬元に戻ると判明。 一方、記憶喪失の理事長を救った美尻女(ハニー)は、黒服の男らに拉致される。追う理事長。
#193:副会長が元に戻る時間は3秒間。
#194:みつ子のピタゴラドジが発動。
#195:キヨシは、千代に指摘された靴紐を結ぼうとして、しまパンが見えると気づく。
#196:キヨシは無理な前屈で靴紐を結ぶ。
#197:みつ子のピタゴラドジで水道の蛇口が壊れ、競技中の女子が濡れ濡れに。
#198:副会長を元に戻すのは炭酸と判明。キヨシは表生徒会に「指一本触れることなく倒す」と宣言。 一方理事長は自転車でハニーを拉致した車に追いつく。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック