So-net無料ブログ作成
検索選択

蒼き鋼のアルペジオ 13 [蒼き鋼のアルペジオ]


蒼き鋼のアルペジオ 13巻 (ヤングキングコミックス)

蒼き鋼のアルペジオ 13巻 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: Ark Performance
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: コミック


#73:被弾したマツシマ(群像が操縦)は沈降。群像の指示で401は戦域離脱。コアのヒュウガとユキカゼがマツシマを追う。
#74:コンゴウの艦首部分が機能していて、ユキカゼの邪魔をしつつマツシマへ接近。コンゴウはマツシマに衝突。
#75:総旗艦ヤマトの帰還命令でユキカゼは転進。 教師属性のレキシントンはU2501を連れて401とコンゴウの交戦域を目指す。
#76:ハルナも海洋技術学院へ入学が決まる。マヤは近くの洋上で待機。
#77:群像を霧の誰かが回収し、ハシラジマへと輸送中。 ヒュウガが新しい船体を得て、第1巡航艦隊旗艦になる。 愛宕(アタゴ)が学院に入学するために、和花(のどか=ヤマト)と共に町に引っ越してくる。
#78:タカオ組(400、402、ズイカク)がアパートでカツオのたたきを食いながら作戦会議。政府はタカオ組もハルナ組も把握している。
#79:潜水艦・白鯨を追尾していたヴァンパイアはヤマトに情報提供する代わりに演算能力を得てMMを常備する。 カプセル?に入った群像がハシラジマ・ドックに到着。管理するのはチョウカイ(めがね)。 アシガラとハグロは401を追い出され、硫黄島にいた。 401は千葉・犬吠埼で上陰次官に出迎えられる。

銀魂 66 [銀魂 61-]


銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/11/04
  • メディア: コミック


#590:(洛陽の戦い続き)春雨が引き始める。朧(おぼろ)は奈落を引かせ、1人で高杉と勝負する。朧は子供のときに虚(うつろ)から不死の血を得た、真の一番弟子。
#591:高杉は朧を倒す。
#592:神威は、虚から見捨てられた春雨の残党を率いて去る。(数日後?)星海坊主や万事屋は入院中。
#593:朧は不死の血を流しつくし、死の間際、虚の秘密を語る。虚は無数の生と死を乗り越えるために、無数の自分(人格)を生み出した。死神となった虚に抗ったのが、吉田松陽。
#594:天導衆とはアルタナ(龍脈=星の力)保全協会。龍脈を操る鍵は天導衆だけが持つ。虚は各星の龍脈を暴走させ、天導衆に敵対する勢力を生み出していた。やがて天導衆のいる地球との戦いとなる。星(地球)と共に滅ぶのが虚の狙い。
#595:朧は「虚を終わらせてやってくれ」と言って死ぬ。 銀時らは地球へ向けて旅立つ。
#596:地球・江戸のターミナル(龍脈)が壊され、連合軍(アルタナ解放軍)が降りてくる。天導衆は行方不明。連合軍はかぶき町でも無法の数々。
#597:長谷川(マダオ)が住民を守って立ち上がる、が出オチ。
#598:そこに万事屋が帰ってきて、いつもの連中と共に暴れる。一方、将軍喜々(のぶのぶ)は丸腰で、軌道上の連合軍旗艦へ乗り込んでいた。

へうげもの 23 [へうげもの]


へうげもの(23) (モーニング KC)

へうげもの(23) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 芳裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: コミック


#242:1615年3月。家康は豊臣に、浪人を放逐するか国替えせよと要求する。 織田有楽斎は息子・左門を説き伏せ、共に大坂城を出る。 織部助は、再び家康と秀頼を二条城で会談させようと決意。だが息子・古田重嗣(しげつぐ)は豊臣に味方して挙兵するつもり。
#243:大蔵卿と常高院が豊臣の使者として家康を訪ねるが、成果なし。 織部助は高台院(ねね)に、会談成立への協力を頼み込む。 左門のリーゼントはかつらだった。
#244:重嗣は、織部助には知らせず、徳川軍を襲う計画を進めていた。 織部助は下桂村の智仁親王別荘の普請を代わりの者に引継ぎ、近衛信尹から預かった金を、諸将を懐柔するために親王に献上する。
#245:4月。豊臣の重臣・大野治長が、弟・治房の配下に襲われケガ。襲撃犯に徳川の内通者が紛れていたことがわかり、兄弟は危機感から仲直りする。
#246:大坂城では、貯めていた金を浪人に分配し、戦(いくさ)準備。 尾張・那古野城に滞在する家康に有楽斎が面会する。家康は、織田家を尊重する体裁を示すため、有楽斎らを処分しないという。
#247:4月18日。家康が二条城に入り、織部助らが出迎える。 
#248:22日。2代将軍秀忠が二条城に到着。 25日。京所司代・板倉のもとに、古田山城守(やましろのかみ)一派が反乱の準備との知らせが入る。板倉は京・伏見に戒厳令を敷いて捜索にあたる。
#249:秀頼は、古田一派の企てが漏れたことを知り二条城での会談を諦め、治房に大和郡山(こおりやま)を攻めさせる。 翌26日。家康が古田一派の企てを知ることとなる。
#250:29日。和泉国樫井で徳川方・浅野勢が豊臣方・塙団右衛門(ばんだんえもん)と合戦。浅野の客将上田宗箇は塙を討ち取る。塙の最後の言葉「うつくしい。無骨さが」が宗箇の心を捉える。 家康は知恩院で明智の遺品を検分。そこには葵紋が入ったパイナップルの皮が。明智が織部助を高く評価していたことを知った家康は、自分が否定されたと感じる。家康は、織部助を切腹させろと板倉に命令する。
#251:30日。企ての中心人物である、重嗣の重臣・木村宗喜が所司代に捕まる。京所司代・板倉は織部助に、伏見屋敷で閉門を言い渡す。

ブレイクブレイド 14 [ブレイク ブレイド]


ブレイクブレイド(14) (メテオCOMICS)

ブレイクブレイド(14) (メテオCOMICS)

  • 作者: 吉永裕ノ介
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2015/04/11
  • メディア: コミック


#72:クレオとその母そしてシギュンの3人がゴゥレム・ラドゥンで逃亡中。関所近くでの戦闘で、エレクト(クレオの元上司)のエルテーミスが敵となる。
#73:クレオの祖母は1人でクリシュナに向かっていた。 
#74:クレオとエレクトの戦闘が続く。
#75:エレクトは敗北。 クレオらはエルテーミスを奪って逃亡。 シギュンの脱出が、国境のミゾラム要塞のライガットらに伝えられる。
#76:シギュン救出の先発隊隊長がライガット。 一方アッサムに駐留中の将軍ゼスはイオ元大佐を呼集していた。ゼスは新ゴゥレム・エレティコスの訓練中。
#77:エルテーミスがライガットらとの合流地点に到着。しかし待っていたのは冷酷なステンナのゴゥレム。

進撃の巨人 21 [進撃の巨人]


進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

  • 作者: 諫山 創
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: コミック


#83:ジークが4つ足の巨人に乗ってシガンシナ区へやってくる。エレンに「お前は父親に洗脳されている」と語りかける。リヴァイがやってきて、ジークは逃げる。 一方、ライナーを捕獲したハンジは、誰かに喰わせようと考えていたところを、ジーク&4つ足に襲われ、ライナーを奪われる。 リヴァイがアルミンに巨人化の注射を打とうとしたところに、瀕死のエルヴィン団長が運ばれてくる。
#84:アルミンと団長のどちらを助けるかでエレンとリヴァイが対立する。 逡巡するが、結局リヴァイはアルミンを巨人化させ、ベルトルトを喰わせる。エルヴィン団長は死亡。
#85:調査兵団の生き残りは9人。エレンの家の地下室へ入る。隠されていたのは本が3冊。外の世界で写した「写真」(壁内にはない技術)があった。 ウォールマリア奪還が壁内の住人に知らされる。
#86:グリシャ・イエーガーが子どもの頃の話。グリシャは妹と飛行船を見に禁止区域に入って捕まり、妹は翌日死体で発見された。グリシャはエルディア人。「大陸」を支配するのはマーレ人。 1820年前、始祖ユミル・フリッツは巨人の力を手に入れ、エルディア帝国をつくり、古代の大国マーレを滅ぼした。ユミルは死後「九つの巨人」に魂を分けた。マーレは80年前の巨人大戦に勝利、フリッツ王はパラディ島に壁を築いて逃げ込んだ(王が引き篭ったから戦争が起きたとの解釈も)。 グリシャは成長し、医者となり、王家の末裔ダイナ・フリッツと結婚、生まれたのがジーク。その後7歳のジークによる密告で両親は政府に捕まる。