So-net無料ブログ作成
検索選択
デスノート ブログトップ
前の10件 | -

DEATH NOTE 13 [デスノート]


DEATH NOTE (13) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (13) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/10/13
  • メディア: コミック


設定集とインタビュー。
スピンオフの短編物1つ。デスイレーサー(消しゴム)で名前を消せば生き返るという設定。中学生らしき子供が使って、最後はノートを燃やしてEND.

DEATH NOTE 12(完) [デスノート]


DEATH NOTE (12) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (12) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/07/04
  • メディア: コミック



第99話:ライトの指示で高田はノート片でメロを殺す。ライトはノート片で、高田を焼身自殺させた。(自分の命令だけと誤認)
第100話:ライトら捜査隊は金庫からデスノートを取り出し、ニアとの対決へ。
第101話:ニアはライトと倉庫で直接対峙。魅上が倉庫を覗き見る。
第102話:ニアは魅上のノートのページを差し替えておいたと言う。ライトはそれを見越し、ノートを偽物とすり替えておいた。
第103話:しかしニアは本物も偽物もページを差し替えておいた。魅上逮捕される。
第104話:実は魅上も高田に焼身自殺するようノートに書いていた。その時本物のノートを使い、SPK(ニアたち)に本物の隠し場所がバレた。
第105話:ライト、キラであると認める。
第106話:ライト時計に仕込んだノート片を使おうとして撃たれる。
第107話:死神リューク、自分のノートでライトを殺す。
第108話:その後、ニアがLを引き継ぐ。ミサらしき女性がキラに(再臨を?)祈ってEND。(完)

DEATH NOTE 11 [デスノート]


DEATH NOTE (11)

DEATH NOTE (11)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/05/02
  • メディア: コミック



第89話:ニアも日本に移動。ニアはL(ライト)に対決を宣言。
第90話:ライト、デスノートの5枚だけ魅上から高田に送らせる。
第91話:ニア、TV映像から検事の魅上に目をつける。
第92話:魅上は電車内でデスノートを使い、SPK尾行員に見られる。
第93話:魅上、独り言をSPKに撮影され、死神が憑いていないことがばれる。
第94話:捜査班・相沢は、ライトが高田と筆談している(捜査班が知らないところで指示を出している)と知る。
第95話:ニアがミサとマネージャの模木を誘拐。
第96話:魅上がジムにいる間に、ロッカーのデスノートをSPKに触られ、内容を写真に撮られる。
第97話:ニアは、魅上が1日1ページづつ使用すると確認。
第98話:ニア、Lと直接対峙の連絡。メロが高田アナを誘拐する。

DEATH NOTE 10 [デスノート]


DEATH NOTE (10) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (10) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/02/03
  • メディア: コミック



第80話:ニア、金をばらまき、混乱中にSPKビルから退避。捜査員の相沢はライトを疑い始める。
第81話:ミサはノートを放棄し日本の魅上に送る。魅上はキラ崇拝者。 相沢はニアと接触。
第82話:ニア、相沢への質問で、2代目Lがライトと見抜く。
第83話:相沢と模木は解放される。魅上がさくらTV出目川を殺す。魅上は死神の目を持つ。
第84話:魅上は人一倍正義感が強く、次々と犯罪者を裁く。
第85話:魅上はキラの代弁者として、偶然にもライトの大学時の恋人、アナウンサー高田を選ぶ。
第86話:日本の事件が収束しないので、捜査隊は日本へ移動。ライトは高田と合う約束をする。
第87話:ミサが帰国。監視していたメロも日本へ。ライトは高田とホテルで会う。
第88話:ライト、高田の携帯で魅上と通話。高田と魅上に自分がキラだと名乗る。

DEATH NOTE 9 [デスノート]


DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/12/02
  • メディア: コミック



第71話:ライトはミサを使ってキラを名乗り、自分のノートを日本の捜査隊に渡す。目的はメロのアジトに突入させること。夜神父復帰しLAに。
第72話:夜神父は、犯人を殺すと断言し”目”の取引をし、敵アジト突入。
第73話:夜神父はノートを奪い返すもメロに降伏を勧める。
第74話:夜神父撃たれアジト自爆。メロ逃亡、父死亡。奪還したノートはシドウが持ち死神界へ。
第75話:米大統領がキラを認めると公式会見。
第76話:メロ、ニアに会いにSPKへ出向く。大統領SPKを廃止。
第77話:さくらTVの出目川、キラの代弁者になり世論誘導。
第78話:ニアはLがキラだと認識し、日本の捜査隊にゆさぶりをかける。
第79話:メロが捜査員の模木をNYのニアに会わせる。出目川ら民衆がSPKを取り囲む。

DEATH NOTE 8 [デスノート]


DEATH NOTE (8) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (8) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/09/02
  • メディア: コミック



第62話:夜神妹の誘拐先がLAと判明。
第63話:2代目L(ライト)はSPKのニアに協力要請。SPKはキラ対策でアメリカ政府が作った秘密組織。夜神父ノートを持ちLAに向かう途中でメロに拉致される。
第64話:夜神父を拉致した飛行機は砂漠に着陸。ノートと夜神妹を交換。ライトはLAで捜査指示。
第65話:リュークにノートを取られた死神(シドウ)が人間界LAに来る。
第66話:メロ、ノートを使いニアの部下SPKのメンバーを多数殺害。
第67話:メロ、大統領を脅迫。
第68話:大統領がL(ライト)に相談。ライトはミサの目でメロの部下を割り出す。
第69話:メロのアジトに米の部隊を突入させるも、死神シドウが邪魔する。(突入隊員が日本人なら漢字の名前が読めずに助かった?)
第70話:シドウはノートの秘密をメロに伝え、メロの部下が”目”を持つ。大統領は自殺。

DEATH NOTE 7 [デスノート]


DEATH NOTE (7) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (7) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/07/04
  • メディア: コミック



第53話:L(竜崎)とライトは火口からノートを取り上げて触れる。ノートに触れている間は記憶が戻る。「計画通り」
第54話:ライトは時計に仕込んだノート片で火口を殺す。
第55話:捜査本部でノートの分析。捜査員は死神レムと会話できる状態になる。
第56話:ミサはライトの埋めたノートを掘り出す。Lの名前を思い出せず再度”目”の取引をする。
第57話:死神レム、Lの腹心ワタリを殺す。
第58話:L(竜崎)もレムに殺される。人間(ミサ)に肩入れしたレムも死ぬ。ライトは死神のノートを入手。
第59話:夜神父は警察庁長官に捜査続行を許される。(いつの間に警察に戻った??)
第60話:Lを継ぐ者はニア。ライト警官に。警察庁長官がメロに誘拐されノートを要求される。
第61話:メロはニアと同じ施設の出。メロは自殺した長官の代わりに夜神妹を誘拐。

DEATH NOTE 6 [デスノート]


DEATH NOTE (6) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (6) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/04/04
  • メディア: コミック



第44話:ヨツバ幹部会を監視していたライトたちは、幹部の奈南川にTEL、殺人を1ヶ月遅らせる。
第45話:方針の違い(キラの確認に殺人を認めるか)でL、ライト、ミサは父たちと別行動に。
第46話:ミサ、CM採用の面接でヨツバへ。死神レムはノートの切れ端をミサに触れさす。ミサは死神が見えるようになる。
第47話:しかしノート本体で無いと記憶は戻らない。レムがミサにこれまでの経緯を説明。
第48話:幹部の火口がキラ(ノート所有者)と判明。ミサは火口とデート?して、火口がキラである証言を録音する。L中心に、捜査班は再度まとまる。
第49話:捜査班全員で火口を追い込む計画中。
第50話:TVで、死んだはずの松田がキラの正体をしゃべるという。阻止のため火口動く。
第51話:火口、松田の名前が分からず死神の目の取引をする。
第52話:火口、松田に会えずノートを持ち車で逃走するも高速道路で捜査班に包囲される。

DEATH NOTE 5 [デスノート]


DEATH NOTE (5) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (5) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/02/04
  • メディア: コミック



第35話:ライトは拘留中にノートの所有を放棄し関連した記憶を失う。L「何が何だかわからない」
第36話:死神レムが第3者にノートを渡して殺しを実行。ライト、ミサの疑いが晴れる。
第37話:ライトはL(竜崎)と手錠でつながって行動することに。ある企業幹部8人の1人がノート所有者。
第38話:ライト、L、ミサは新しい警備厳重な捜査本部ビルへ。
第39話:ライトが企業ヨツバ関連の殺人が起きていると見抜く。キラ(ノート所有者)は政府を通じ警察に圧力をかける。
第40話:キラ捜査は警察を辞して続行することに。Lが詐欺師アイバーと泥棒ウエディを呼ぶ。
第41話:捜査員兼ミサのマネージャの松田がヨツバに潜入。あっさり見つかる。
第42話:ミサのCM出演でヨツバ幹部を接待。酔って松田転落死(のフリ)。
第43話:アイバーがヨツバ幹部に揺さぶりを掛ける。ウエディがヨツバに隠しカメラを設置する。

DEATH NOTE 4 [デスノート]


DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/11/04
  • メディア: コミック



第26話:L(竜崎)はライトを捜査本部に招き、第2のキラ(ミサ)とTVで連絡させる。「駄目だこいつ、早く何とかしないと」
第27話:ミサに憑く死神はレム。人間に恋すると死神は死ぬと告げる。ミサ、TV局にメッセージ。
第28話:ライトはメッセージの内容から第2のキラ捜査に向かうが、逆にミサに正体がばれる。
第29話:ミサ、ライトに会いに自宅へ行く。ライトは自分に恋するミサを利用しようと決心。
第30話:ミサはノートをライトに渡す。死神レムは寿命前にミサが死ねばライトを殺すと宣言。
第31話:ライトは大学では高田と付き合う。ライトはレムに、指示したらLを殺せと命じる。
第32話:大学でL、ミサ、ライトが出会う。ミサは売り出し中のアイドル。
第33話:ビデオ付着の遺留物からミサが逮捕され拷問を受ける。ミサはノートを放棄しノート関連の記憶を失う。(なんでミサの危機にレムはLを殺害しない??)
第34話:ライトはノート1冊はレムに渡し、1冊は地中に隠す。ライトは自分がキラかもしれないとLに告げ、牢屋に入る。
前の10件 | - デスノート ブログトップ