So-net無料ブログ作成
それでも町は廻っている ブログトップ
前の10件 | -

それでも町は廻っている 16(完) [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2017/02/14
  • メディア: コミック


#122:歩鳥は進路で悩み中。 福沢さんが前世の記憶が蘇ったと歩鳥に相談。歩鳥は古墳時代の夢を見る(意味なし)。福沢の”前世”の記憶は赤ん坊のときのものと判明。 歩鳥は文学部で小説家を目指すことに。
#123:辰野俊子は、歩鳥の前で真田に告白すると宣言。そして、シーサイドにて・・やっぱり告白できなかった。 
#124:歩鳥の下駄箱に、森秋先生と別れろという写真付き脅迫状が入っていた。写真のアングルなどから、犯人は女教師・溝口と推理。溝口と歩鳥が取っ組み合っているところを、真田が助ける。溝口は辞職。事件は解決したが、歩鳥は後味が悪い。
#125:紺先輩は歩鳥にやつあたりして後悔。中学時代の先輩(座成)を思い出す。
#126:森秋先生から、「真っ赤な絵」にブラックライトをあてたらナゾの絵(記号?)が出てきたと相談を受ける。歩鳥と室伏(画家)の推理で六面体の絵を使った金庫のダイヤルと判明。金庫からは絵のアイデアノートが出てくる。室伏によれば、森秋の祖父は、人間の感情・行動を操作する絵を研究していたらしい。
#127:辰野俊子が受験でシーサイドのバイトを辞める日がやってきた。婆ちゃん(ウキ)は普通の喫茶店に戻すという。そして翌日。オヤジ3人と歩鳥、辰野、真田でシーサイドはいつものとおり。
#128:9月。巨大台風がやってきた。夜、歩鳥は”高次元の存在”に、「壊滅的な被害をもたらす台風を消すと同時に歩鳥の存在も消すスイッチ」を押すかどうか尋ねられる。果たして・・・
#最終話:3-A組の連中は、誰かを忘れているような気がしている。・・(という演劇の練習中) 真田と辰野が歩鳥を見つける。歩鳥は台本担当だが、オチが見つからず逃げていた。
#エピローグ:歩鳥(20歳)は小説で賞を取る。静ねーちゃん(ペンネーム門石梅和)は授賞式で歩鳥に正体をばらそうとするが、歩鳥は以前から気づいていた。(完)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 15 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている  15巻 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 15巻 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2016/04/30
  • メディア: コミック


#114:修学旅行で北海道。その最中、真田の友人・浅井は恵比州に告白、どうやらつき合うことになったらしい。一方、歩鳥はお土産のムックリ(民族楽器)に夢中。
#115:紺先輩が迷子の九官鳥を捕まえ、飼い主を探すことになる。九官鳥は「コロサレタ」としゃべる。貼り紙から見つかった飼い主は、ホラー作家だった。
#116:夏休みの水泳の補習授業で学校に来ていた辰野俊子のメガネが、紛失したと思ったら下駄箱に入っていた事件が発生。俊子がトイレに閉じ込められていたときに、西先生が拾って、歩鳥が下駄箱に入れていた。
#117:歩鳥が画家で先輩の室伏涼の家(マンション)にいく。涼は兄(画家)と2人暮らし。涼は「なぜか認識できない文字」を、達筆な神主さんに書いてもらう。それは「禁煙」。
#118:ユキコが偶然出会った(病気がち?)な子とのゲームの通信に夢中になる。歩鳥が見に行くと、どう見ても空き家。翌日その子が登場。家を売ることになって、マスクして掃除して、咳き込んでいたと判明。
#119:真田の先輩・城嶋は不良っぽい外見だが、面倒見のいい男。今日も子犬の里親探し。城嶋は紺のことが好きらしいが、城嶋も紺も自分を表現するのが苦手。
#120:俊子は歩鳥を誘ってキャラ番くじを引きに行く。歩鳥の活躍で、俊子は欲しかったフィギュアをゲット。所かわってシーサイドで、タバコをめぐって、涼と俊子が衝突。クリーニング屋・荒井は俊子に「素の部分が増えてきた」という。
#121:紺先輩が下蘭女子大学に合格。歩鳥は引越しの手伝いに行って泣く。後日、町で紺一家とばったり遭遇。紺の父の海外勤務が終わったので、となり町の実家に住んでいるという。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 14 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 14巻 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 14巻 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: コミック


#106:夏休み。歩鳥は紺先輩を図書館へ連れて行く。紺が図書館に行くのは小学生の時以来。
#107:歩鳥と真田が深夜の学校プールへ行く。真田が告白しようとすると、なぜか歩鳥が(誰かに押されて)プールに落ちる。びしょ濡れの歩鳥を見た矢車巡査は、「小学生の幽霊を見た」という。しかもその後ろに白いワンピースの子もいたそうな。歩鳥のTシャツには消えない手形がついていた。
#108:静が高校生の時、架空の創作日記を書き続ける同級生(男)がいた。静は自分で書いた小説を、そうとは知らない自分に読ませたいという。その「知らない自分」が今の歩鳥。
#109:福沢さんが歩鳥に、彼が浮気しているとの相談。しかし、実際には良く似た他人。本人ら(彼氏)も、周囲の反応がおかしいと感じていたという。
#110:弟タケルが流行で品薄の食玩を探しに出かける。その後尋ねてきた山本君と歩鳥も探しに出る。「酒屋で買える」との噂がカギ。タケルは買えずに帰ってくるが、歩鳥が1個買っていた。
#111:歩鳥がシーサイドで考え事。 歩鳥が目覚めたのは平行世界のシーサイド。そこでは歩鳥は生まれていない。門石梅和(静のペンネーム)の小説も出版されていない。歩鳥は寝ている間に「こっちの世界」へ帰ってくる・・・てなことがあったと思い出す。
#112:2年前、タケルは伊勢エビを海に逃がしてやった。が、実は歩鳥が糸をつけていて、後で真田が引き上げていた。エビちゃんはあのとき助けた伊勢エビでは?・・とタケルは思う。
#113:歩鳥とOBで画家(の卵)の室伏が森秋先生の家へ、お爺さんの描いた絵を見に行く。森秋は一面真っ赤な絵の謎を尋ねる。室伏によれば、経年変化や退色の違いで、何か浮かび上がる細工なのかもしれないという。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 13 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている (13) (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている (13) (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2014/09/30
  • メディア: コミック


#99:弟のタケルがエビちゃんと、マンションのチラシ荒らし犯を見張るが、見逃す。歩鳥の案でニセチラシを投函することに。
#100:松田巡査が迷子を探している。 シーサイドでは近所の「3歳の女の子」、ヒメちゃんがいなくなったとしらせが。歩鳥・真田・辰野が、ジョセフィーヌ(犬)を使って捜査する。が、実はヒメちゃんはメス犬。 松田は無事迷子を探し出していた。
#101:尾谷高の学園祭。モテないブラザーズの浅井は、なにかと女子に触られる。真田の推理では、「害が無さそうだから気軽に触る」とのこと。
#102:静ねーちゃんと歩鳥・紺が廃村・すさび村へ行く。その途中、紺は田んぼで「白いくねくね」を見る。旅館で休憩して、深夜に廃村を探検。すると、仮面をつけた複数の人影が。しかも逃げると追ってくる。翌日再度訪れると、仮面の人物は実は美術大学の演劇部員だった。ただし数年前に田んぼで部員の一人が本当に死んでいるという。
#103:ご近所を誘って、ウキ婆ちゃんの誕生会、で闇鍋。暗闇で各自の具を投入する。すると、奇跡的な美味。具は鮭・大根・チーズ・コーン・もち・スープの素。 遅れてきたクリーニング屋・荒井がブルーベリージャムを入れようとして、叩き出される。
#104:針原は中学に入ったとき、紺先輩に憧れて卓球部に入った。紺は”話しかけるなオーラ”を出していたが、3年の座成とは仲がよかった。針原が見るに、今その場所にいるのは歩鳥。
#105:福沢さんが26年前の謎ビデオを見つけて歩鳥に相談。歩鳥はそれが尾谷高7不思議だと見抜く。だがその1つ「井戸」の実物が見つからない。実はビデオは芹沢先生が学生時に作ったもので、井戸はレンガででっち上げた物。撮影後にレンガで花壇を作り、「呪いの花壇」もでっちあげた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 12 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 12 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 12 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2013/12/26
  • メディア: コミック


#90:歩鳥の高校入学式。婆ちゃん(ウキ)の喫茶店に行くと、メイド姿になっていた。歩鳥も働かされることになる。 松田巡査がトランクを探しにシーサイドにやってくる。実は歩鳥が参加した花見で、酔ったその人はトランクをなくしていた。トランクは持ち主に返るが、中身は記憶を飛ばす謎アイテム。中を見た松田の記憶が消される。
#91:大晦日から新年に入った所で歩鳥は初詣に行く。家を出る前に母から買い物を頼まれる。神社で真田に会い甘酒を飲む。歩鳥は酔うと泣き上戸。いろいろ過去の罪を告白。真田が家まで送っていくが、家を出るときに頼まれていた買い物は忘れていた。
#92:辰野が学生服の男につけられ、辰野の弟がシスコンじゃないかと疑われる。歩鳥に頼んで、真田が辰野の恋人ということにして追い払おうと計画するが、やってきたのは浅井。辰野を好きなのは弟の友人だった。今度は浅井が学生服の男につきまとわれることに。
#93:歩鳥の親戚の綾鳥真琴がスキーにいく。女子は上階、男子は1階の部屋。綾鳥は男子の部屋に行こうとするが、1階には誰もいなかった-という話を歩鳥に電話する。話を聞いた静は、1Fだと思ってた階が実は雪に埋もれた2Fだったというオチにすぐ気づく。
#94:シーサイドに昔少し売れたバンドマンが母に会いにやってくる。歩鳥はファンだという紺先輩を連れてくるが、実物は地味なおじさんだった。
#95:妹・ユキコの剣道の試合。1回目の試合、ユキコは気迫だけはあるが、反則と場外で負ける。2回目の試合の相手はユキコの気迫を物ともせず瞬殺。付き添いの針原は歩鳥にスポーツの素晴らしさを説くが、ユキコはいかにずるして勝つかを考えていた。
#96:夏休み。補習に来ていた歩鳥は学校で絵のモデルをする。現代絵画展に出展するというので見に行くが見つからない。シーサイドに戻ると、新聞に画家(室伏涼)の記事と写真が出ていた。絵画展で見た不気味な抽象画が歩鳥だった。
#97:歩鳥・辰野・ウキとクリーニング屋の荒井、八百屋菊池が海水浴に行く。歩鳥・辰野はゴムボートで沖に流される。菊池はその写真を撮るが気づかない。ウキがデジカメの操作を間違えて2人が助けを呼んでいると分かり、助かる。
#98:家庭科?の課題で将来の家の間取りを書くことになり、歩鳥は設定に凝る。ユキコがシーサイドでバイト。タケルは大学で弁護士を目指す。真田は辰野と結婚。松田は釜田署で巡査部長に。森秋先生は西先生と結婚。針原はオリンピックで銅メダル。歩鳥は探偵事務所を開いていた-等々。 辰野と針原から内容を修正しろと注文が出る。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 11 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2013/02/28
  • メディア: コミック


#82:歩鳥はチャンネル争いのせいで紺先輩の家でサスペンスドラマを見る。後日駅前でのドラマ撮影を紺とタケル(歩鳥の弟)が見に行く。紺は歩鳥の為にサインをもらうが、誰の物か判らず推理する。
#83:タケルらの缶蹴りに歩鳥が監視役で着いていく。場所は廃墟の元区民センター。歩鳥は暗闇で幽霊?に返事される。後日、静が謎解きに出る。名前(アダ名)とイメージが違う子供を歩鳥が勘違いしていたのが原因だった。
#84:(62話の前日?)夏休み。ユキコ(歩鳥妹)は兄のゲーム機を持って遊びに出る。途中でゲーム機をほったらかしにして知らない商店街に出て、吸盤のおもちゃを拾う。夕方、皆でいなくなったユキコを探すがいつの間にか家に帰っている。ウキ(婆ちゃん)はつぶれた商店街の幽霊じゃないかと想像する。
#85:歩鳥は紺先輩の実家(住人不在)の手入れについていく。紺の両親は気象庁の研究員で、英国でのプロジェクトに参加している。紺の母は英国人とのハーフ。
#86:真田の友人城島は顔に似ず正義感あふれる男。真田は浅井のプールの誘いを断って、城島らとコンパに行くが城島が飲酒を注意して気まずい感じ。夜、浅井から歩鳥らとプールに行ったとのメールがくる。
#87:霧が立ち込め、外出を控えるよう町内放送がある。近所でウサギ6羽が逃げたとのニュースも。実は謎の組織が霧を排出して、住人に知られないように正体不明の生き物を回収していた。
#88:歩鳥は部屋で紺の指輪を拾う。それをはめて町に出ると森秋先生に会う。自動ドアに指を挟まれるが、指輪のお陰で助かる。
#89:タケルらは仲間6人でゲームの記録などをノートに回し書きしている。牧田が縄跳びで怪我した日「長い紐で全員殺す」と書いてあった。が、誰も書いていない。実は寝ぼけた歩鳥が小説のヒントを書いていたのだった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 10 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2012/07/30
  • メディア: コミック


#74:ユキコが夏休みの自由研究で姉ほとりの観察日記をつけるため尾行。真田に合って日記を見せる。真田は下心ありありで読む。浅井が通りかかるが真田は用があって抜ける。歩鳥が戻ってきて、浅井は不審者扱い。
#75:歩鳥に対するドッキリで、紺先輩の部屋で女(辰野)が殺されている。歩鳥はすぐに見破り、だまされた振りで死体を寝袋に入れて海に投げ入れようとして、死体役がびっくりして暴れ出す。が、寝袋から出てきたのは針原。歩鳥が目を離したスキに入れ替わっていた。家に帰った紺はクローゼットの死体に驚く。辰野がまだ隠れていた。
#76:両親が法事で不在で歩鳥が家事をする。夕食はカレーと高野豆腐。母の苦労が身に染みる。タケルがお別れ会の電話があってから様子が変。歩鳥は海老原の転校と勘違い。タケルはお別れ会の女装劇を嫌がっていた。
#77:体育祭の出場種目決めで、歩鳥は辰野をパン食い競争にする。屋上のハリボテ(翌日からの学園祭用)で紺がサボっている。強風でハリボテが壊れ、歩鳥が救助に向かうが紺はリレーに出るため下にいた。歩鳥の代わりに辰野がリレーに出たので、歩鳥はパン食い競争に出る。がっかりする男子と喜ぶ真田。
#78:歩鳥と辰野がシーサイドに来るが開いていない。そこに真田父と荒井妻(2人は昔からの友人)がやって来る。荒井が帰っていないという。歩鳥は、シーサイドで酒盛りして、酔いつぶれた荒井を残して店を閉めたと推理。はたして店の中から荒井が現れて妻増代に連れて行かれる。
#79:辰野の弟があるオンラインゲームの最大ギルド「鷹の会」の2代目を張って引き篭りになっている。「鷹の会」を潰して弟を引き篭りから立ち直らせるため、歩鳥は弱小ギルドに初代ギルドマスターを迎え、知人を集めて戦争を仕掛ける。戦争に負けた弟はゲームを止めた。しかし今度は歩鳥が自警団ギルドを作ると言い出す。
#80:嵐山父が肩こりに効く円盤を10万円で買ったのがバレて逃げ出す。シーサイドの婆ちゃんは腰痛が治ったというがウソ。歩鳥は母の肩こりの為に買ったんだという。自分の為ならもっと疑っただろうと。
#81:歩鳥が真田と早朝から海釣りに行き、キスを釣る。歩鳥の弁当は白米のみ。真田は手早くさばいててんぷらを作る(さすが魚屋)。歩鳥は1年生から告白されてどうやって断るかと相談。真田は「オレとつきあっていることに・・」と言いたかったが、「オレオレ詐欺の被害にあって・・」と言ってしまう根性無し。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 9 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2011/08/31
  • メディア: コミック


第66話:(目次と合わず)ユキコはプールが苦手。歩鳥の入れ知恵でストローをつかって顔を水につける。
第66話:近所で連続不審火が発生。歩鳥とオッ3ズで夜回り。松田巡査は放火現場を目撃、追跡する。荒井が拍子木をヌンチャク代わりにして魚屋に当て大声で揉めていたので放火犯は進路変更、松田に捕まる。
第67話:エビちゃんはタケルがクラスの女子にアダ名をつけてもらって不機嫌。モデルのエビちゃんは自分が男子と手をつないでいるカタログをタケルに見せる。タケル、モヤモヤの理由がわからず。
第68話:歩鳥、犬・ジョセの予防注射に行くが、帰宅後首輪を付け忘れる。ジョセは町でうろつき、ウキが捕まえようとして腰を痛める。ジョセは自分で家に帰る。
第69話:歩鳥が真田に恋人がいると誤解。歩鳥は家のフロで考え込んで鼻血出して失神。自分が誤解の原因と気づくが、既にシーサイドで辰野を励ます会が始まっていた。
第70話:静は知らないオッサンにもらった「べちこ焼」を食べてとりこに。製造メーカーを探して隣県まで行くが見つからず。200年後のタイムトラベラーが製造中止を惜しんでばらまいたものだった。
第71話:歩鳥、紺をスケートに誘うが、歩くのも精一杯。紺はものの10分で滑れるようになる。帰りに歩鳥が旨そうにそばを食うので、紺も注文する。
第72話:歩鳥は善治の写真を見つけシーサイドにアルバムを持ってくる。小学校の時のリッちゃんとの写真で、霊が見えるという作り話合戦を思い出す。
第73話:映研・鈴木と丹波の映画デートに付き合うが、ケンカ別れに。歩鳥は1人で森秋の家(花火を見る絶好スポット)に行くが、ウォシュレットで服濡らして帰る。夏休みの講習で登校し、職員室で借りたワイシャツを返すがあらぬ誤解を生む。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 8 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2010/11/30
  • メディア: コミック


第59話:辰野が風邪で歩鳥が代わりに針原とミュージカルを見に行く。途中歩鳥は子供や老人から頼られる。
第60話:歩鳥、謎の王国に来る。ジョセに似たタヌキが道案内。10年前に途中で読むのを止めた本の世界。夜寝るとまた謎の国で問題を解く。いよいよ王様に会うという所で朝の目覚ましが。
第61話:歩鳥は映研の新歓映画に出演することに。撮影途中に森秋先生のメガネを壊す。怪獣映画の予定がモリアキ怒るの映画に編集し直す。
第62話:夏。ドングリの季節じゃないのに町中にドングリを置くイタズラが発生。ユキコがなくしたゲーム機を探すために、タケルがユキコに渡して足取りを調べていた。
第63話:嵐山一家は母の実家に行く。タケル、ルービックキューブをもらい、裏山にそれが得意なカッパがいると聞いて、ユキコと見に行く。カッパの正体はハゲた農家のおっちゃん。
第64話:紺の猫コバンが他の家の子供に拾われてしまっている。紺は「うちの家族です」と言って返してもらう。
第65話:町内のラーメン屋が店を辞めるらしい。嵐山一家とオッ3ズらがラーメンを食べに行く。入り口のガラスはユージ(魚屋)とタカ(八百屋)が高校時の揉め事で壊した。店は閉めても2階で生活していた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

それでも町は廻っている 7 [それでも町は廻っている]


それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 石黒 正数
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2010/04/30
  • メディア: コミック


第51話:歩鳥ら高校野球予選の応援するも、ルール知らず。真田が熱心に応援していたのは、親父の出身校が相手だった為。
第52話:秋祭りの奉納相撲で松田巡査はやたら強い。歩鳥は紺に浴衣を貸して連れ回す。
第53話:海岸に巨大な碁石のような物が出現。針原にラブレターらしきものが来るが、バンドのドラム勧誘。とある小さな神社の御神体が宇宙人との通信機で、碁石は宇宙人の食料というオチ。
第54話:タケルは他の組の子とカード対決。ゲームの本当の面白さを知る。歩鳥は静からカードセットを買うが弱かった。
第55話:紺、進路を悩む。歩鳥は調理実習の弁当を紺に渡す。紺を男子と勘違いして真田ショック。タッツン(辰野)弁当は浅井(真田のダチ)に。
第56話:ユキコが部屋を欲しがる。2階奥の物置をもらって模様替えするが、結局皆コタツとヒーターのある居間に集まる。
第57話:静は実は作家でペンネーム門石。町内会のスキーに行く。歩鳥と静は初心者。意外にクリーニング屋の荒井が上級者。
第58話:歩鳥は小学校の時バレンタインデーにチョコを渡せずシーサイドに置いていった。真田のオヤジがもって帰り、真田の息子がもらうことに。これが歩鳥を好きになった原因。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - それでも町は廻っている ブログトップ