So-net無料ブログ作成
検索選択
銀魂 1-30 ブログトップ
前の10件 | -

銀魂 30 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 30 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 30 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/09/04
  • メディア: コミック


#256:地雷亜は4年前の吉原の大火で月詠を助けて死んだと思われていた。地雷亜は月詠に必要なのは孤独と敵だという。地雷亜は糸を張って空中から攻撃する。銀時は負傷して海に落ちる。服部が見ていて、銀時を吉原に連れ帰る。服部はブス専。地雷亜は追放されたお庭番。服部は女は諦めろという。
#257:地雷亜は吉原を焼き払うという。地雷亜は20年前の天人襲来の時、主戦派のお庭番を殺し、将軍も殺そうとした。服部父に撃退されたが、服部父はその時のケガで引退。地雷亜は火を糸に伝わらせ、吉原のあちこちに放火する。晴太が銀時に服と木刀を持ってくる。
#258:消火の指揮をしていた日輪が賊に囲まれるが、服部全蔵がキヤバクラVIP券でこれを守る。地雷亜は自分に匹敵する処まで月詠を育てて殺すのが目的。月詠が捕らわれている部屋に銀時が来る。
#259:銀時はクナイを手に受け、その糸で地雷亜を捕まえる。
#260:クナイと木刀で激しく打ち合う。頭突きで地雷亜を倒す。糸を解き地雷亜は再度銀時を襲おうとするが月詠が地雷亜の首にクナイを刺す。
#261:服部が来る。地雷亜は人質の妹の為に仇に仕えていたが、妹は自殺。何も護れぬ自分に愛想が尽きたという。月詠は弟子の役目は師を背負えるまで大きくなること、と瀕死の地雷亜を抱えて月を見る。
#262:月詠をリフレッシュさせようと、日輪らは月詠に遊女をやらせる。客は銀時。月詠は酒一口で豹変、暴れまくり。覗いてた新八や神楽、日輪も引き込まれる。しかし夜になると見回りに出て行く。
#263:銀時は歯医者の待合室。土方も来ている。長谷川が来て先に処置。ものすごい悲鳴。出てきた長谷川は手が歯ブラシ。処置室から出てきた近藤は額から(長谷川の)手が生えている。銀時と土方は見栄を張って逃げられず処置室に向かう。
#264:処置室は血だらけ。治療を実施する助手はメカっぽい戦闘妖精。銀時はマッサージ嬢の上半身、土方は野菜持った婆さんの上半身を腹に付けられる。ドリルの痛みを腹の女が負担する仕組み。銀時と土方は腹の女の治療の為に外科に行く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 29 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 29 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 29 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/07/03
  • メディア: コミック


#247:たまがドット絵に変わる。平賀源外に見せるとウィルス「獏」の感染だという。万事屋は大槌Zで小型化・一寸法師となってたまの体内に入る。尻に矢が刺さった全身白タイツ男を発見。「獏」と戦っていたらしい。
#248:白血球国へ行き、王に会う。たまのコピーがお助けキャラで現れる。真実を写すパーの鏡で、王も国民も獏だと判明。現れた真の白血球王は銀時似。敵を倒して逃げる。
#249:獏大魔王城に向かう。銀時と勇者は仲が悪い。神楽が囮になる。2人の喧嘩が周りのウィルスを消滅させていく。たまのシステム予備領域が侵食され、たまコピーが消滅。
#250:銀時らは獏大魔王城奥に至る。現れた魔王の姿はたま。銀時がすかさずキック。魔王は勇者の父に変身。万事屋全員でキック。魔王の攻撃で神楽がドット絵になる。新八も半分ドット絵。一旦引いて銀時と勇者で魔王に対戦する。
#251:勇者が体を張って、銀時が魔王を倒す。勇者白血球王は瀕死。ドットのちびたまが再生し、勇者の体内に入って修理するという。源外が大槌Zをもって登場、新八を小型化する。・・・白血球軍は今日もウィルスと戦っているEND。
#252:真選組に過激攘夷派の囚人・古兵衛が送られてくる。テロ計画を吐かせるのが目的。山崎が取り調べ・・・ではなくグチり、古兵衛に励まされる。近藤はカツ丼を食わせる。古兵衛は「あらいざらい吐きます」といって食った物を吐く。次に沖田と土方でアメとムチ作戦もかわされる。そこに役人が来て、人違いで万引き犯を捕まえた市民と分かる。
#253:万事屋が仕事帰りビルのエレベータに閉じ込められる。神楽があせって非常ボタンを壊す。5時退社で社員は残っておらず、警備員は同乗していた。明日から3連休。新八は場を盛り上げようと色々やるが空振り。銀時と家神楽が床に穴を開けてロープを伝って降りる。その時ドアが開いて救助が来る。
#254:万事屋が吉原に来る。鳳仙がいなくなって麻薬売買が増えた。その元締めを捕らえようという。そいつの首に蜘蛛の入墨がある。銀時と月詠は紅蜘蛛党に入って麻薬取引所へ行く。
#255:銀時と月詠は敵の頭に感付かれ囲まれる。頭と戦闘。頭の正体は地雷亜、初代百華頭領、月詠の師匠。地雷亜は覆面(厚化粧?)をしていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 28 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 28 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 28 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/04/03
  • メディア: コミック


#238:屋台のオヤジに向かって銀時と土方らしき客がグチる。(作画手抜き?)近藤と妙らしき客が来て、会話だけが進む・・・が結局別人というオチ。
#239:新八の寺門通親衛隊から脱退者が相次ぐ。トッシー(土方)率いる「通選組」が勢力を伸ばしていた。寺門通公式ファンクラブの地位を掛けて戦うことになる。
#240:土方はトッシーの人格を成仏させるためにオタクの頂点を目指す。賞金に引かれて銀時と神楽も親衛隊としてゲームに参加する。予選は10kmマラソン。隊員タカチンはタクシーに乗ろうとして、沖田の乗ったタクシーにはねられる。棄権者が出ると失格なので、担いでいく。
#241:山崎と近藤も参加している。近藤と神楽はコースをそれる。銀時はタカチンの身代わりにグラサン外人・タカティンを連れてくる。先行する走者が橋を塞ぐ。親衛隊以外のチームはトッシーの傘下。新八は欄干を走って前に出、タカティンが橋ごとザコを川に落とす。
#242:トッシーが1位。2位は親衛隊のタカティン。沖田がタクシーでゴールに乗りつけ、神楽と近藤がパトカーで送られて来る。決勝戦その一はクイズ。タカティンが正解を連発するが、近藤の「俺のこと嫌い?」が大正解で通選組の勝利。
#243:二本目の勝負は口説き勝負。口説きというか寸劇で、トッシーはバーの混乱からお通をホテルに誘う。親衛隊は西遊記の寸劇。銀時がナレーさん。よくわからん基準で親衛隊の勝ち。
#244:最終戦は新八とトッシーがカードバトル。「お通チップス」のおまけカードを使う。銀時が急遽買ってきたカードは「ベースのKIM」。相手の攻撃力を倍化してしまう。次のカードは「ドラムのKIYOSHI」。3枚目の謎追究カードでKIMとKIYOSHIが仲直りセッションを行いトッシーにダメージを与える。
#245:カードバトルは両者LP0で相打ち。ボクシング対決になる。全力勝負でトッシーは成仏する。新八は応援するファンに公式も非公式もないと、公式ファンクラブにならなかった。ファンクラブの会員番号1番はトッシー。
#246:妙、銀時、神楽がカゼで道場で寝込む。近藤とさっちゃんもカゼをひいている。妙は近藤の尻にネギを突っ込み庭に立たせる。長谷川が見舞いに来るが、全身にウィルスをまとっている。桂はウィルス・ミスに変身している。桂はウィルスを吸収して全員を治療する。近藤が躓いて桂の尻にネギを突っ込むとウィルスが一気に拡散。新八が気付くと周囲には何人ものウィルス・ミスが寝ていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 27 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 27 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 27 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/02/04
  • メディア: コミック


#229:新八と神楽は銀時に強くなりたいと言うが、銀時はヤル気なし。妙がやってきて、どんな風に強くなりたいか絵に描いてみろという。妙は天使の絵を描く。長谷川が焼けた町の絵を持ってやってくる。桂が雨で鎮火した町の絵をもってやってきて、役に立たないアドバイス。新八と神楽は、強くなる方法は自分で見つけると言って出て行く。
#230:長谷川がハツに電話すると、今度掃除にくるというが、長谷川は今ホームレス。銀時は長谷川を底辺の連中にも貸す不動産屋に連れて行く。不動産屋は高級マンションに連れて行き、前の住人の家財を処分してくれるなら3万でいいという。しかし部屋は血まみれ。不動産屋と銀時、長谷川で獲り憑かれたように部屋の鍵を擦り付け合う。週末、差出人不明の手紙でハツが来ると血で「バカ」と書かれていた。
#231:銀時が床屋にいく。「あぶさん」の7巻が無いといって店主が買いに出て、万事屋が店番をする。近藤が向かいのカリスマ美容院で拒否されてやってくる。万事屋は変装して対応。そこに桂もくる。タオルとシャンプーで互いが見えないようにする。そこに松平があぶさん7巻を返しにやってくる。いっしょにいた将軍が「余の髷も結ってくれ」と言い出す。
#232:松平は先にキャバクラに行ってしまう。神楽は将軍の髷を切り落としてしまう。銀時は店外に投げ捨て証拠隠滅。無理やり引っ張って髷を作る。投げた髷は犬が咥えていった。近藤の下の毛で髷を作って乗せる。収拾がつかなくなって万事屋は逃げる。将軍は劣悪な環境を改革せねばと床屋を公金で改築した。3人の不届き者は行方知れず。
#233:土方と沖田が首輪と鎖でパイプを介してつながれている。廃ビルに拉致されたらしい。仮面の地愚蔵と名乗る男がモニタに現れ、72時間後に屯所を爆破するという。鍵はぎりぎり届かない位置にある。一方の首輪を外すと、もう一方は爆発する。
#234:土方と沖田は互いにいつ裏切るかと疑心暗鬼。地愚蔵の犬がやってきて鍵を飲み込もうとする。土方は走って鍵を取り上げて、外に投げてしまう。
#235:ロッカーにチューペットと糸鋸が隠してある。鎖やパイプではなく、首を切るためのもの。沖田は糸鋸で首から出血・死亡?。土方は力でパイプを倒して脱出。途中足を踏み外し、穴の縁にぶら下がる。沖田は起き上がって首輪をはずす。全て沖田の演技で血に見えたのはチューペットの中身。
#236:妙と新八がケーキを持って九兵衛の誕生日会に行く。東城が密かに計画したもの。芸能界や政界の有名人がきている。どこかのオッサンが妙にぶつかりケーキを落とす。新八はオッサンに掴みかかる。東城はオッサンの方を投げ、帰れという。肩書き目当ての連中は帰る。万事屋とマダオ、桂らで誕生日会をする。
#237:神楽が寝付けず、銀時の睡眠の邪魔をする。日中ゴロゴロしてるからだと言われ外を走ってくるが、今度は腹が鳴って眠れない。神楽は風呂に入って飯を食うが、腹いっぱいで眠れない。深夜ラジオの怪談を聞いていると、銀時が眠れなくなる。神楽はいつの間にか寝ている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 26 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 26 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 26 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/12/04
  • メディア: コミック


#219:神楽がキレて阿伏兎の片足を折る。神楽は阿伏兎に槍を刺して軒先に倒す。新八が神楽を抱えて正気に戻そうとするが、3人揃って庇(ひさし)から落ちる。阿伏兎は神楽と新八を庇に投げて自分だけ落下する。
#220:晴太と神威は日輪(ひのわ)の部屋前にくる。鳳仙が来て、晴太の母は、晴太を産んで死んだという。晴太は血が繋がっていなくても日輪が母親という。銀時が現れ木刀を投げて扉に穴を開ける。
#221:日輪と晴太が抱き合い、銀時と鳳仙が戦う。神威は傍観。銀時は真剣と木刀の2刀流。鳳仙の武器は巨大な傘。
#222:鳳仙は銀時を圧倒するが、銀時は顔を掴まれた時にキセルを鳳仙の目に突き刺す。銀時は蹴りをくらって壁にめり込む。
#223:日輪は足の筋を切られ歩けないので晴太が負ぶって逃げようとする。神威はキズ物にしてまで女に執心する師匠に呆れる。月詠と百華が加勢にくる。銀時が意識を戻す。
#224:数で鳳仙を押さえ込もうとするが、鳳仙は強い。銀時は刀を折られるが木刀で一撃を入れる。
#225:吉原は元は幕府の造船所。日輪は晴太に管制室で天井を開けろという。新八と神楽がついて管制室に向かう。銀時は反撃させぬようラッシュで鳳仙を壁に突き込む。百華がクナイを打ち込むが鳳仙はまだ立ち上がる。吉原に陽が差してくる。
#226:銀時の突きで鳳仙は屋根の上に飛ばされる。日輪は子供の頃鳳仙に「お日様」を見せようと色々ちょっかいを出していた。
#227:鳳仙は日光の下で崩壊しつつある。日輪がきて鳳仙に膝枕する。鳳仙死亡。神威は早速「この第2の夜王と開戦・・」と言いかけるが、神楽に邪魔される。神威は銀時に「俺に殺されるまで死んじゃダメ」と言って去る。
#228:神威はぼろぼろの阿伏兎を抱えて去る。 岬の突端に鳳仙の墓がある。星海坊主が墓参りに来る。神威は春雨に吉原の全権を任せられたが、手を出さない。神威が興味のあるのは銀時のみ。吉原は風俗街のままだが陽の差す自主的な風俗街になった。銀時は日輪にお酌されて昼間から酒を飲む。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 25 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 25 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 25 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/09/04
  • メディア: コミック


#210:銀時は晴太に財布をすられると同時にすり返す。晴太は地下遊郭吉原の子供。花魁(おいらん)日輪太夫を買うために金をすっている。日輪(ひのわ)が母親かも知れないという。お登勢は晴太を店で働かせる。晴太が金を渡していた吉原の店番は金を使い込んでいた。銀時が聞いて殴り倒す。銀時は住人(自警団)に追われる。
#211:吉原自警団・百華の頭が月詠。花魁姿の神楽と新八、晴太が百華に襲われ、銀時が助ける。が銀時や晴太にクナイが刺さる。
#212:月詠は殺した振りで百華を下がらせる。日輪は月詠の恩人。吉原は幕府が黙認する超法規的空間。日輪は8年前晴太を連れて逃げた。追っ手が来て晴太を逃がすために日輪は吉原に戻った。上空のパイプから銀時らを逃がそうという時、夜兎が1人来る。
#213:月詠が夜兎と戦う。パイプ内からもう1人、さらに3人目がパイプごと銀時らを落とす。晴太は捕まる。夜兎3人は海賊春雨。吉原の楼主・夜王鳳仙は春雨の元幹部で夜兎。夜兎3人の1人が神楽の兄。
#214:神楽の兄は春雨第7師団団長・神威。神威は鳳仙との戦いを望む。鳳仙は星海坊主と3日戦って引き分けた。銀時らは晴太を救い出すために出発。神威と鳳仙の戦いが始まる。
#215:鳳仙は神威の師匠。銀時らは百華に化けて門をくぐるが、モロばれ。夜兎の2人が神威と鳳仙の仲裁に入って1人死亡、1人は片腕をなくす。神威は鳳仙を殺すに値しないと言い戦いをやめる。
#216:銀時らは胸に隠した煙爆弾で撹乱して上を目指す。月詠が盾になり、銀時らを先に行かせる。鳳仙に借りを返すと、片腕になった阿伏兎(あぶと)が降りてくる。神楽が応戦する。
#217:神楽と新八を置いて銀時は先へ行く。月詠は反撃しない。月詠はクナイを受けて倒れるが、百華は月詠の味方につく。神威は逃げていた晴太を見つける。日輪に会わせてやるという。
#218:神威は晴太を抱え百華を殺していく。阿伏兎は神楽に「バカに振り回されてる被害者同士」という。神楽は無意識のうちに拳にブレーキが掛かっているという。神楽が踏みつけられ、新八は槍で刺すが、逆に槍の柄で天井に突き上げられる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 24 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 24 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 24 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/07/04
  • メディア: コミック


#203:新八は海岸で寺門通親衛隊の練習中に、ビンで流れてきた手紙と写真を拾う。新八は夜な夜な手紙の返事を考え閉じこもっているので妙が銀時に相談する。銀時は「結局見た目だ」と新八の(メガネの)写真を撮る。
#204:手紙の差出人は妹うららの写真をビンに入れていた。新八が出した写真は新八が沖田に斬られている所。近藤が床下から出てきて新八に恋のアドバイス。手紙の”姉”は妹に成りきって文通を続ける。土方がやってきてゴーストライターをするが、近藤の書いた「ムラムラします」を消し忘れて出してしまう。しかし”姉”は会って見たいという。
#205:”姉”と新八の代わりにうららと沖田が会う。それを覗き見していた新八と銀時が”姉”に会う。沖田はうららをメス奴隷に調教。”姉”は誰の役にも立てないと逃げ出す。そこに近藤と土方のパトカーが通りかかる。
#206:うららがパトカーを襲って沖田と銀時が乗り込む。”姉”はビルから飛び降りるが、銀時が捕まえ、沖田の鎖で引っ張り上げる。”姉”はたくさんの人が新八の為に代筆していたことに気付いていた。新八は隣のビルからスッチブックで会話する。”姉”の名はきらら。後日きららがたくさんの友人と写った写真が送られてくる。
#207:定春の食欲が無いので病院で調べると胃からダッチワイフが出てくる。定春と神楽は病院に泊まる。桂とエリザベスもいる。老犬・金太郎が死にそう。飼い主の爺さんも死にそうだという。桂が犬を取り出すと、そいつは18年前に地球征服にやってきた寄生腫X。目をつむって寄生したらこうなった。そこに18年前やってきて複数の猫になった寄生腫Zが現れる。
#208:定春に乗って逃げるがZが追ってくる。爺さんも病院を抜け出している。神楽らは公園に逃げ込む。爺さんは死に顔を見られたくないと1人で暮らしていた。爺さんは犬のいない紐だけ引きずって散歩で公園にやってくる。
#209:Zに囲まれるが神楽が暴れる。Zは寄生腫Ωを呼ぶが、Ωはダッチワイフに寄生する。金太郎と爺さんは寿命残りローソク1本分。爺さんはかつて「ダチ公を作る時の掟は先に死なねーこと」と言っていた。爺さんと金太郎は堤防で散歩しながら死ぬ。
#読切:省略。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 23 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 23 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 23 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/04/04
  • メディア: コミック


#194:末吉は桂の目が気になり脱獄できないでいた。桂は犯罪王「鯱」に因縁を付けられる。末吉は鯱を利用して桂を消そうとするが、桂は鯱も看守も手なずけてしまう。桂により監獄の環境が良くなり、末吉は脱獄用の穴を閉じた。桂は末吉に「地獄を革命しにきた」という。しかし桂はエリザベスを使い脱出口を開けていた。鯱も、他の囚人も各自穴を開けており、互いの視線を気にしていた。
#195:万事屋の額の裏から銀時と女の写真が出てくる。昔の万事屋だという。新八のポジションにいた金丸君はグラサンの黒人でサイコガン付き。紅一点の池沢さんもグラサン黒人の女。全員スマキにして川に流される。神楽と新八が呆れて去った後、定春が今のメンバーの写真を咥えてきて、銀時は額の後ろにしまって置く。
#196:万事屋と妙がお登勢の紹介で山奥の温泉で休暇。廃屋のような宿屋。新八と銀時には霊が見える。銀時らは下山しようと走るが落石で道がふさがっていた。
#197:温泉に入ると、男湯では多数の幽霊っぽいものがいる。新八が霊を吸うとデーモン小暮風になる。神楽と妙も閣下化。銀時は仲居をやらされる。この宿はスタンドが湯治にくる温泉。霊に取り付かれない銀時には適性があるという。信長と光秀と秀吉の霊がブリーフ姿で口論しザビエルの霊に撃たれる。
#198:銀時は玄関で霊の客を出迎えたり、背中を流したり。手伝いのアシスタンド「レイ」は銀時に、旅館に革命を起そうと誘う。10年前他界した女将の旦那「タゴサク」が宿を牛耳っている。信長・光秀・秀吉で家康の霊に嫌がらせをしようとするが、彼らは既に女将の手下。銀時は牢に入れられる。
#199:女将はお登勢と電話し、跡を継ぐのは銀時しかいないという。銀時は神楽・新八・妙のスタンド(霊体)に助けられ脱獄。銀時は宴会を開き、家康や他の客を成仏させる。銀時と女将が対峙する。
#200:女将はスタンドを取り込み、巨大閣下になる。銀時にレイが入って閣下化する。女将は銀時に雑霊を入れて制御できなくするが、最後にザビエルが出てきて銃で女将を倒す。
#201:タゴサクが暴走し周りの霊体を吸い込む。銀時も霊体が吸い出される。女将は旦那を亡くした後、霊たちに見守られてきたと気付き涙を流す。すると霊たちが成仏していく。銀時らは解放され、宿は女将とレイでこれまで通り営業することに。
#202:真選組が禁煙になる。路上もファミレスも禁煙。土方はタバコ畑しかないハメック星に行く。ブリーザに焼かれて残ったタバコは1本だけだった。土方はブリーザを倒しに行く。ブリーザを倒してズルズルボールを貰う。近くでグリリンを殺された小林とボールを7個集め・・。結局土方はタバコを1本も吸えず、帰りの船で「タバコやめる」という。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 22 [銀魂 1-30]


銀魂―ぎんたま― 22 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 22 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/02/04
  • メディア: コミック


#185:若頭・京次郎は組長に息子の死を隠していた。銀時の飲んだ酒に毒が入っていた。銀時は脇腹を撃たれ川に落ちる。組長が死んだと知り銀時の捜索を止める。京次郎はガキの頃に組長に拾われ、育てられた。組の襲名披露に銀時が乱入。京次郎以外の幹部衆は気絶済。
#186:組織は京次郎を殺すつもりで、屋敷の外に手下を集めていた。京次郎は銀時に自分を殺せという。鬱蔵は倉で自殺していたが老い先短い組長の為に隠していた。京次郎は自分の役目は終わったと思っている。銀時が加勢して敵の包囲から逃げるが、京次郎は撃たれて組長の墓の前で死ぬ。
#187:長谷川が回転寿司屋を任されるがカッパ巻きしか作れない。寿司マシーンの調子が悪く、調子を見ていたたまが壊してしまう。長谷川はニギリがカッパに変わる。銀時はニギリがパフェに。店に客が入り、たまが口で作ったにぎり寿司が上手いと評判になる。ネタが尽きてきて長谷川は調達に出る。近藤と土方がエビを頼んで三代目海老蔵と騒動。そのころ長谷川は海で魚を追っていた。
#188:真選組一番隊の隈無清蔵は掃除マニア。トイレの蛇口をセンサー式にしろと土方に言う。突如土方にもタマ菌が見えるようになりセンサー式蛇口が導入される。尿の飛沫防止に便器に土方の写真を貼るが、ウンコされる。穴の空いた板に女の顔を書いてナニをセッティングするようにすると、近藤が抜けなくなっていた。
#189:新八はゲーマーの宇宙人に指をドライバーに改造される。神楽は全身がマイナスドライバー。銀時はナニが改造されたらしい。ゲーム・モンキーハンターで宇宙人を探すことになる。銀時のキャラは少女。神楽は強そうなおっさん。管理者を倒して装備をはぎとる。管理者がいっぱい来て逃げる。
#190:桂と近藤もプラスドライバーにされ、ゲームに参加していた。。伝説のハンターMを探せという。女が吊るされている。プレイヤーはさっちゃん。そこに巨大モンキーが現れるが、一瞬で倒される。倒したのがM。
#191:Mは世界の全てを知り尽くした男。だが正体は長谷川。マダオのM。そこに宇宙人ぽい2人が来てラスボスを倒してしまう。なんとか知り合いになろうとするが、この2人実はドライバーにされた沖田と土方。
#192:ドライバーらで焼肉オフ会。必要なのはドライバーとして生きていく覚悟だという。銀時はトラックのドライバーになっていた。しかし急にゲーマー星人の船を銀時らが襲う。宇宙船のブレインのネジに合うドライバーが銀時の股間のナニ。宇宙船は破壊される。
#193:桂は捕まり獄門島に送られる。島がまるごと監獄。末吉は15年かけ脱獄の準備をしていた。向かいに桂が入監する。桂は目を開けて寝るので気になって脱獄の作業できない。桂を眠らせようと羊を数えるが青春学園物の話に脱線。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

銀魂 21 [銀魂 1-30]


銀魂 第21巻 (ジャンプコミックス)

銀魂 第21巻 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/12/04
  • メディア: コミック


#176:甲羅のオッサン亀梨と再会。ここが竜宮城の端。その頃竜宮城の兵隊が江戸に老化ガスを撒いていた。亀梨は反乱兵で、銀時らは乙姫の野望を潰す為の助っ人。乙姫は自分より美しい者を消す計画。全員捕まる。
#177:松平は竜宮城で豪遊中。妙が連れて行かれる。神楽が檻を壊し全員脱獄。乙姫は妙と口喧嘩。
#178:新八は老人の銀時・桂を背負って逃げる。妙はサメのいる水槽に落とされるが、神楽と九兵衛に助けられる。
#179:神楽は水槽を底から破っていた。妙と乙姫は殴り合ったり指で鼻フックしたり。新八らはある男のコールドスリープ室に入る。自殺で意識を無くした男を眠らせ続けている。乙姫の思い人。
#180:竜宮城は浮かび上がり江戸に向かう。主砲から老化ガスを打ち込む狙い。ガスで兵隊も妙も老化する。コールドスリープの男ウラシマが端末に干渉し、新八は老化ウィルスのワクチンを得る。
#181:新八と銀時・桂は階段で砲まで登る。乙姫が追ってくるが、新八が体当たりで止め、銀時らが砲にワクチンをセットしようとするが、乙姫の邪魔で老化弾が発射される。ワクチンが少し洩れ、銀時らが元に戻る。銀時らはでかい木槌でワクチンを老化弾の後ろから打ち出す。
#182:ワクチンが江戸に広まり皆元に戻る。乙姫は瓦礫に挟まれ竜宮城と共に果てようとするが、銀時らは助けようとする。後日乙姫は飲み屋のママをしている。そこに「アンタ昔と変わらずキレイだなあ」という男が入ってくる。
#183:「たま」に体が取りつけられる。お登勢はたまには息抜きしろと休まされるが、何をしていいか分からない。銀時が連れまわし、ネジを買ってやる。翌日たまは壊れたモグラ叩きゲームの代わりになり子供と遊んでいた。その後たまはかんざし代わりにネジを刺していた。
#184:万事屋はかたぎではなさそうな組に呼ばれる。組長の跡取り息子・鬱蔵が5年間蔵に引きこもりで何とかして欲しいという。組長は吐血して倒れる。銀時は若頭・京次郎と酒を飲む。銀時が蔵に入ると女が鬱蔵の代わりをしていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - 銀魂 1-30 ブログトップ