So-net無料ブログ作成
検索選択
シドニアの騎士 ブログトップ
前の10件 | -

シドニアの騎士 15(完) [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(15)<完> (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(15)<完> (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: コミック


#71:第1攻撃艦隊(緑川ら)は重力子放射線射出装置を組み替えて推進装置にしてガウナを振り切り、恒星レムに到着。しかし回収しようとした転換機構が攻撃され大破する。攻撃したのはかなた(=落合)。
#72:第2攻撃艦隊(つむぎら)は残り1隻。それを攻撃するシュガフ船も1体。追いついた谷風の二零式(劫衛ゆきもり)がシュガフ船を破壊。谷風はボロボロのつむぎをつれて第1艦隊へ向かう。
#73:第1艦隊はかなたと交戦中。弦打(つるうち)が犠牲となり重質量砲をかなたに当てる。かなたは逃亡。しかし第1艦隊はガウナに囲まれていた。そこに観測艦隊(の分艦隊)が加勢。
#74:シドニアもガウナと交戦中。シドニアはシュガフ船に獲り付かれる。主芯軸重質量砲でこれを破壊するが、シドニアも前半分消滅する。
#75:岐神(くなと)らはシドニア周辺の敵を撃退する。シドニアの応急修理が始まる。
#76:第1艦隊はなお交戦中。ガウナはシュガフ船から分離して、圧倒的数で包囲する。そこに谷風到着。谷風はつむぎを艦隊に託して、かなたを追う。大シュガフ船が惑星セブンに接近中。かなたは転換機構を確保し、重力子放射線射出装置を形成しつつあった。
#77:大シュガフ船は惑星セブンにエナの膜を展開。第1艦隊は周囲のガウナを掃討完了。谷風は、恒星レムの間近でかなたを撃破、転換機構を回収するが機内温度が限界を超える。駆けつけたつむぎが谷風機を熱から防いで、自分は消滅する。第1艦隊の重力子放射線射出装置は転換機構を接続し、ついに大シュガフ船を撃破する。
#最終話:谷風らはシドニアに帰還。大シュガフ船から分離したエナが粒状になって、惑星セブンに降っていた。弦打は回収されていた。つむぎは破片から星白の姿で復活。10年後。谷風とつむぎはセブンに入植していた。シドニアの半数はセブンに定住し、残り半数は新シドニアで出航する。艦長は緑川。岐神、イザナは出航組。弦打、サマリ、勢威、テルル、小林(元艦長)、佐々木(整備士)、ユレ博士らはセブン残留組。(完)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 14 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(14) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(14) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/02/23
  • メディア: コミック


#65:落合は融合個体となり不滅の肉体となった。小林艦長は血線虫に支配された所員に頭を撃たれ、緑川が指揮をとる。落合は重力子放射線を撃たれ、逃亡する。 艦長は一命を留める。谷風が目覚めたのは数日後。
#66:谷風が意識不明の間に、(重力子放射線射出装置と水城型9艦)X2+観測艦隊による作戦が開始されていた。シドニアでは二零式の解発が最終段階。小林は谷風に、斎藤ヒロキのクローンであると告げる。
#67:水城型攻撃艦隊の目的は、恒星レムに浮遊させている転換機構からのエネルギー供給で大衆合(シュガフ)船を攻撃すること。 第二攻撃艦隊は衆合船の急襲を受ける。この艦隊にはつむぎが同行していた。
#68:第二艦隊の重力子放射線射出装置が攻撃を受け爆発。艦隊は消息不明となる。 岐神(くなと)は目を覚ます。
#69:落合が抜けた岐神は操縦士に復帰。 かなた(=落合)は重力子放射線射出装置の残骸から推進機関を造って、第一攻撃艦隊の方へ向かう。 一方、第一攻撃艦隊とシドニアには、それぞれ衆合船団が近づいていた。
#70:谷風は二零式で第一艦隊救援に向かい、岐神が継衛(ツグモリ)改二でシドニア防衛に就く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 13 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(13) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(13) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: コミック


#60:(水城による作戦中)半自律式転換機構(太陽エネルギーの変換器)が恒星レムの低軌道に投入される。ケーブルの不具合で装置全体がレムへ落下し始める。谷風長道(ながて)は機体を失うが、装置を軌道に戻す。
#61:水城はシドニアに帰還する。接近するガウナ1体に18式が対応するが、操縦士・端根の操縦席殻が爆発性のエナに取り囲まれる。谷風が継衛(ツグモリ)改二で救出に出る。
#62:谷風機は端根機の殻を確保するが、ガウナに捕まる。谷風は改二に仕込まれた人工カビ刃で窮地を脱しガウナを撃破する。谷風は助けたお礼に、貴重な天然海苔をもらう。
#63:重力子放射線射出装置2門の完成に目処が立ち、艦長・小林は大衆合(シュガフ)船への総攻撃準備に入る。谷風はつむぎに告白し、居住区でデートする。小林は融合個体2号「かなた」の解体を決定する。それを(落合研究室にいた)人形が聞いている。
#64:寄生生物・シドニア血線虫に支配された所員の暴走でかなたが船外に出る。谷風は海蘊(もずく)?の仕掛けたトラップの爆発で負傷失神。重力子放射線でかなたは破壊するが、中から超構造体で覆われた落合(の人格が入った融合個体)が出てくる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 12 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(12) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(12) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: コミック


#55:衛人(モリト)24機搭載の新造艦「水城」で出撃する。オカリナ級なら5隻(体)相手でも勝てるという。水城艦長は纈(ゆはた)。テルルは艦橋要員。仄(ほのか)姉妹が11人追加された。 水城の前に不可視化したガウナが現れる。
#56:ガウナは5百~千の連結型から衆合(シュガフ)船へ変形する。衆合船は、貫通弾を通さない笠を持ったガウナを射出して、衛人は苦戦する。水城の主砲も無効化される。仄炒(ほのか・しょう)が衆合船に取り込まれる。イザナは炒からの通信を受信する。
#57:ガウナが衆合船に戻り、衛人も一旦帰艦。衆合船から操縦士が出てくる。外見は炒だが、実は全長17mのガウナ。
#58:ガウナの炒は意識も人間。煉(れん)が炒を破壊する。纈の無茶な操船で衆合船を破壊、水城周囲の全ガウナを排除する。長道(ながて)はつむぎに押されて、光合成中の仄たちの部屋に突入して、また焔(えん)に殴られる。
#59:弦打(つるうち)は今日も軽口を叩いて佐々木にしばかれる。弦打はのぞきがバレる。 水城はレム周回軌道に乗る。長道機とつむぎによる、恒星近くでの実験が行われる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 11 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(11) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(11) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/10/23
  • メディア: コミック


#50:イザナ専用一九式は観測情報処理を強化したもの。惑星セブンからの救難信号を受信する。発信者は人工生命体の市ヶ谷テルル。ヘイグス機関を使わない輸送艦と非ヘイグスに改造した継衛(ツグモリ)で救出に向かう。一五式でヒ山も同行する。ヒ山が熊なのは生命維持装置のため。
#51:非武装主義者のテルルは、ガウナが出現したのは長道(ながて)のせいだとして救援を拒む。ガウナが太陽系に現れたのは人類がヘイグス粒子を利用し始めたとき。テルルはヘイグス通信を利用してガウナに襲われて、ガウナの狙いがヘイグス粒子だと理解する。テルルは継衛に収容される。
#52:継衛はガウナに追われる。輸送船の質量弾でガウナを遠ざけ、ヒ山の一五式の助けもあって継衛は輸送艦に戻る。テルルは相変わらず反抗的。
#53:輸送艦は大衆合(シュガフ)船の近くをスイングバイする。テルルは外装材(皮膚)の硬化が解除されると裸の少女となる。左腕はガウナにもぎ取られていた。 輸送艦がシドニアに帰還する。テルルは非武装主義者の団体に見限られる。長道に、あんたの責任だから同居させろという。
#54:テルルの扱いを纈(ゆはた)らが相談していると、テルルは、もういいですと出て行く。テルルは船員証がないので働くこともできない。テルルがさまよっているところを長道が見つけ、身元引受人になってやるという。テルルがデレる。テルルは東亜重工で腕の修理をする。 新しい作戦は恒星レムまでのある物の輸送。テルルも操舵士に合格して作戦に参加する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 10 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(10) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(10) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/05/23
  • メディア: コミック


#45:仄煉(ほのか・れん)はシャワー室で触手お化けに遭遇。イザナは重症で入院。つむぎがお見舞いに来て怒られる。 イザナは退院する。纈(ゆはた)も長道(ながて)家に同居するという。長道家に煉と焔がお化け討伐でやってきて、こたつ(ヒ山にもらった)を戸外へ蹴飛ばして捜索する。触手の正体は岐神(くなと)が育てている新しい融合個体だった。こたつが飛んでいった先はヒ山の家。
#46:煉と焔は壊したヒ山家の修理をさせられる。 前例の無い小ささのガウナ1体が外生研の壁に付着する。岐神は内緒で観察することにする。 融合個体2号の名は「かなた」。外生研に付着したガウナが巨大化してくる。 2号が暴走し、岐神の制御装置も効果ない。
#47:外生研のガウナが司令部にばれる。外生研・田寛は自殺。岐神が2号のエナに押しつぶされる。2号が「何か」を発射し、外生研のガウナもナインの衛星も吹き飛ばす。 治療中の岐神は意識不明。2号は頭に杭を打たれて機能停止。2号が暴発させたのは重力子放射線射出装置。小林艦長は、何としてもこれを制御しろとユレ博士に命じる。
#48:2号がシドニアに開けた穴を皆で修理。ユレとイザナがコスプレ?して外出。重力子放射線射出装置は理論上最強の兵器。纈はプラモオタク。 ユレは2号について開発部・佐々木に協力を求める。
#49:ユレは長道とイザナの仲を取り持とうと、長道に架空の命令を課す。長道とイザナは景勝地・千秋郷に行く。弦打(つるうち)は今日も軽口を叩いてつむぎにしばかれる。 佐々木は機械装置で重力子放射線射出装置を造る計画。1回の射出でシドニア百隻分の出力となる計算。 つむぎと纈は長道を尾行。ユレの命令で千秋郷に来たことがイザナにバレる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 9 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(9) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(9) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: コミック


#40:イザナは武器と燃料を捨てる。ガウナが反応するのは高濃度のヘイグス粒子とカビ。 紅天蛾(ベニスズメ)が現れつぐみが応戦する。長道(ながて)はイザナらの救出に向かう。 イザナらは衛人(モリト)を捨て、ガス惑星ナインの浮島にいた。
#41:長道はイザナらを収容するが、多数のガウナに囲まれる。長道は射撃と最後は刀でガウナを全滅させる。 つむぎは一瞬の油断でピンチに陥る。そこに長道機登場。紅天蛾はエナを長道の操縦席に侵入させ、裸の星白の姿になる。
#42:紅天蛾は長道機の電源を落とす。イザナは義手を利用し、機体の予備電源を入れてエナの侵入経路を遮断。長道は紅天蛾の本体をカビ刀で突いて分解、紅天蛾に勝利する。 長道は裸のエナ星白を抱いたまま帰還。回収したエナを岐神(くなと)は融合個体の母体にすべきと主張するが、佐々木が反対する。 つむぎは星白の姿に擬態して長道を元気付けようとするが、逆に怒られる。
#43:シドニアは惑星ナインの衛星軌道に入る。一九式と隼風(はやかぜ)の量産が進む。つむぎと長道の高コスト試作機の性能は別格。纈(ゆはた)が長道家を訪問。中性のイザナの体が女体化した。つむぎも一緒に映画を見る。 大衆合(シュガフ)船から射出された直径3kmの巨大ガウナがシドニアに向けて飛んでくる。つむぎと長道が出撃。
#44:長道らの攻撃は失敗。艦載砲の攻撃でもエナを打ち抜けない。質量には質量をということで、大重質量砲でエナをはがして弦打(つるうち)が撃破する。しかし反動でシドニア船体が後退、主エンジン始動。纈が飛んで、イザナが下敷きになってかばう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 8 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(8) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(8) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/07/23
  • メディア: コミック


#36:大衆合(シュガフ)船はレム恒星系・惑星セブンへ移動。衛星と衝突し、人類の植民基地が消滅。 シドニアの一般人がつむぎに好意的になった。つむぎが回復し、長道(ながて)は思わず触手に抱きつく。 一九式が量産化される。人工カビの刀が支給される。継衛(ツグモリ)の装甲も新素材に変更。 大衆合船には紅天蛾(ベニスズメ)がいる。
#37:シドニアは惑星ナインを拠点に大衆合船を攻める計画。 長道はつむぎを居住区に入れたいが、許可が出ない。そこで旧配管を使って触手を居住区に導く。 長道は訓練生の寮を追い出されてイザナの実家に居候。つむぎ(触手)もやってくる。つむぎは猫がお気に入り。 ユレ博士はカビで殺せない融合個体を開発中だが、不安を感じる。岐神(くなと:中は落合)の目的は究極生命への転生。
#38:イザナの新しい義手は十本指。長道はつむぎの本体に近い外周壁の家へ、イザナとともに引っ越す。開発部では一九式の百倍のコストの新型機を開発中。惑星9(ナイン)の偵察にイザナが出撃。一八式4機を連結する自律支援装甲・隼風(はやかぜ)を使用する。
#39:イザナはレーダー担当。惑星9に不可視化したガウナを発見。攻撃を受け、イザナは破損機を抱えて惑星9へ降下。つむぎと高コスト実験機の長道が救出に出撃。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 7 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(7) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(7) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: コミック


#31:人型ガウナ(融合個体)は船型ガウナを破壊する。艦長は了承済み。融合個体は人間と変わらぬ意識を持つ。自らを「白羽衣(しらうい)つむぎ」と名乗る。
#32:007弦打(つるうち)は今日も軽口を叩いて佐々木にしばかれる。 岐神(くなと:中は落合)が融合個体の公開説明会を行なう。「つむぎ」には子どもっぽいところが残っている。 長道(ながて)とイザナはつむぎに直接会いに岐神開発へ行く。
#33:岐神曰く、今のシドニアの力では大衆合(シュガフ)船に勝てる見込みは無い。 小衆合船オカリナがガウナを約60体射出。つむぎと岐神が先発。つむぎは単独で敵を撃破し消耗するが、さらにオカリナを撃破しようと向かう。長道は修理した継衛(ツグモリ)で、サマリは一九試で出撃。出撃数96機。
#34:オカリナのガウナは約5千。オカリナは変形し、巨大ヘイグス粒子砲となってシドニアを狙う。第1射はつむぎがはじく。長道はオカリナ内部へ突入する。
#35:長道はオカリナ本体の撃破に成功。しかしつむぎは崩壊寸前だった。岐神も負傷するが、つむぎの回復を長道に約束する。シドニア内は勝利に沸いていたが、大衆合船に変化が現れる。不死の船員会・評議会は交戦派の小林艦長を更迭しようとする。小林は逆に評議会員を皆殺しにし、大衆合船との開戦が決まる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:コミック

シドニアの騎士 6 [シドニアの騎士]


シドニアの騎士(6) (アフタヌーンKC)

シドニアの騎士(6) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 弐瓶 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/10/21
  • メディア: コミック


#26:ミサイル到達まで13分。長道(ながて)はガウナ本体貫通弾GCPDSを腕ごと飛ばして(ロケットパンチ)紅天蛾(ベニスズメ)のエナを吹き飛ばすが、ガウナ本体だけ残る。推進源は005サマリらが破壊、ミサイルで小惑星は破壊される。長道は生存。紅天蛾は修復時に一瞬だけ人間だったときの記憶が再生される。
#27:今回の作戦で帰還は10/96機。弦打(つるうち)は今日も軽口を叩いてサマリにしばかれる。佐々木開発主任は一八式の生産終了と後継機量産を指示される。仄焔(ほのか・えん)の意識が戻り、長道が見舞いに行くが、ちょうど光合成で脱いでいたところ。再度殴られる。エナ星白は岐神(くなと)開発で母体となっていた。
#28:岐神(人格は落合)の協力で補助脳内の全データを回収する。艦長は落合の研究についてはアクセス制限を掛ける。 仄(焔?)とサマリが長道にデレる。 融合個体は受胎して48時間で人工カビの原料となれる。
#29:岐神は人工カビ生産のために本体を抜かれた融合個体を、ユレ博士の前で操縦してみせる。岐神はユレに、もう一体作成の協力を求める。 レム恒星系への植民船を模した(食われたらしい)船型ガウナが襲来。長道は一九式試作機で出撃。
#30:ガウナの本体は1体だがエナの多重装甲でGCPDSが貫通しない。弦打、勢威らと一点突破を試すが苦戦。突如シドニア横に出現した人型ガウナが船型ガウナの多重装甲を大きく削る。それは岐神が操る融合個体だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - シドニアの騎士 ブログトップ